1. ホーム
  2. 官能小説
  3. 痴漢
  4. ≫拉致され車中で潮を撒き散らかす(里奈 ♀女子高生 16歳)

拉致され車中で潮を撒き散らかす(里奈 ♀女子高生 16歳)


私が性の快楽に目覚めたのは、三年前に逆上る。
年は十三。中学校に入学したばかりの私は、通学中に誘拐されのだ。
ある日。何の気も無く、ただただぼんやりと道を歩いていると、直ぐ側に車が止まった。
すると、中から男が出てきて、嫌がる私を強引に車へと押し込んだ。
抵抗するにはしたが、力では男の人に敵うはずもなく、易々と手を縛られては何処かへと
連れて行かれてしまう。
「ん……んーーー!」
目隠しをされ、口にはガムテープを張られ、暫くすると何かの上へと寝かされた。
動きが制限され、視界も奪われた状況で、私はこれから自分の身に起きる出来事が
全く分からず恐怖する。
痛いことをされたらどうしよう、苦しい目に遭わされるのかま、
辛いことをされるのかな……そんな考えが頭の中をグルグル回っていく。
「ふぅ……うっ! うぅぅぅぅ!」
その内、私の服を強引に切り裂く音が耳に入る。
鋏を使われ、制服ごとシャツを乱暴に切り裂く音が響いていく。
素肌が空気に触れ、裸にされていく度に私は身を捩らせる。
それが私にできるささやかな抵抗だったが、相手は乱暴に私の体へと手を伸ばしてくる。
「んっ! むううぅぅ! う、ぅぅぅぅぅ!」
まず始めに餌食となったのは、やはり胸だった。
その頃からEカップくらいあった私の胸は、相手の手の中で形を変えていく。
「んんっ! ん、ううぅぅ! んっ、んんっ! んんんんん!」
私のことを何も考えない、身勝手で乱暴な愛撫。
それでも、当時から私の体は貪欲に快感を感じ取っていた。

胸を揉まれる度にピリピリとした電気が背筋を走り、私は体を震わせる。
一つそれに気がつくと、私の世界が見る見るうちに変わっていった。
手を縛られえている緊縛感。視界を遮られている閉鎖感。
顔も名前も知らない男に体を触られる恐怖感。そんな相手に体を見られる羞恥心。
その全てが、私の胸を鼓動させ、本性を開花させていった。
「ンふっ! んん……う、ううぅぅ……!」
早くも乳首をビンビンに勃起させ、アソコからいやらしい蜜がジュンと溢れる。
切な気に腰を左右に振り、媚を売るような仕草で男の手つきに答える。
相手も、まさか私がこんな反応をするなんて思っていなかったのだろう。
胸を掴んでいた手が、一瞬ピタリと止まった。
だが、直ぐさま敏感な二つの肉突起へと指を沿え、強めに撫で始めた。
「んーーーーーーーーーー!」
瞬間、胸を揉まれた時より遥かに強い刺激に襲われる。
背筋を反らせ、小刻みに体を震わせてはアソコから蜜が決壊する。
私は発情した猫のように鼻息を荒くし、浚われた身でありながら乱暴されることに快楽を
感じていた。
やがて相手の手が胸から離れ、私の下腹部へと伸びていく。
未発達のはずの私の性器は口から大量の蜜を流し、割れ目の上にある小さな突起は
皮の中からほんの少しだけ顔を出していた。
相手の指先が私のクリトリスに近づき、チョンと小さな頭を突っつく。
ビクン。小さな刺激でも、急所に当てられた私は震えながら腰をくねらせる。
そのまま、相手の指先がくすぐるように私のクリトリスを撫で始めた。
「んんっ! んううぅ! う、ううぅぅぅぅ!」
甘い、蕩けた声を漏らす私。その反応を楽しむように、相手は私の急所を弄んだ。
そして、足が大きく開かれる。
普段は排尿にしか使わない性器を露にされ、私はゾクゾクとした快感と共に恥ずかしさに
襲われる。
が、何かに期待していたのも事実で、私の疼く部分を早く生めて欲しかった
「ん……んん、ぅ……」

切なげに声を漏らし、腰を左右に振る。やがて、自分の中を何かが貫く感触が襲ってきた。
「ンんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん!」
これが初めての破瓜。だが、不思議と痛みは全く感じなかった。
あるのは、何者かに征服されていく被虐感。それと、お互いの熱を共有し合う快楽。
まだどけない私の性器は、相手のモノに幼い肉ヒダを絡めて子種をねだる。
その快感がよほど強いのか、相手の腰は暫く動くことは無かった。
でも、私はまだまだ動いて欲しい。
犯される側であるにも関わらず、快楽を渇望する体は自然と腰を動かす。
正常位で挿入してきた相手の体に足を絡め、精一杯逃がさないとしながら奉仕をする。
「んふっ、ふぅ……うっ、ぅあ」
相手のモノを好き勝手に扱き、自分が快楽を得ることを優先する。
傘のように開いた部分をキュッと締め付け、ヒダヒダで擦り上げる。
そうすると、相手はあっという間に欲望を私の中に解き放った。
熱いモノが私を満たしていき、心地良い感覚に襲われるも大きな波はやって来ない。
これくらいの快楽では満足できない私は、足を相手に絡ませたまま腰を動かす。
萎えかけている相手のモノを元気付けるように、優しく締め付けながらもっと、もっとと
言わんばかりに快楽を求めた。
すると、今度は相手から反撃が行なわれる。
私の両胸を鷲掴みにし、腰を激しく打ちつけてきたのだ。
「んん……っ、ん……うぅぅ、うううう! う、うぅ……んんん!」
待ちに待っていた刺激に、私のアソコも、心も歓喜する。
相手の欲望を受け止めた時よりも強い悦楽に息を荒くし、腰を動かした。
「んふっ! ふぅぅ……う、ううううぅぅ! う、うううぅ!」
相手の腰が小刻みに動き、私の奥を突き上げる。
一突きされる度に私は全身に稲妻が走り、足の指をギュッと締めた。
相手も私の甘い肉体を味わっているのか、射精したばかりのモノを奮えさせ、ヒダヒダの
絡みつきに抗いながら攻めてくる。
「んんん! ん、んぅ……う、ううッ、う! ううん!」
私の耳元では、相手の荒い息遣いが聞こえる。
胸を揉みつつ腰を突き上げては、私に快楽を提供してくれている。

ここまで来ると、最初に感じていた恐怖はどこかへ飛んでしまっていた。
頭の中はピンク色一色に染まり、小気味良い音と共に頭が弾ける。
私はだらしない声をあふれさせ、だんだんと大きな波が襲ってくる予兆を感じていた。
「んんっ! ん、ん……う、ううぅ、うん! んんんんん!」
それと同時に相手の腰使いも早くなり、私の最奥を刺激する。
ぱっくりと開いた子宮口を押し上げられ、再び熱いモノが解き放たれると、私は遂に
絶頂へと押し上げられた。
「うぅ、う! ううううううううぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
大きな痙攣を繰り返し、爪先から膝まで一直線に伸ばす。
初めて味わう絶頂に表情は蕩け、口元からは大量の涎が漏れた。
相手の射精は長く、暫くお互いに絶頂の余韻に浸っていたが、私の中からモノが
抜かれると胎内の喪失感に一抹の寂しさを感じた。
「う……うぅ……う」
ぐったりと横たわり、全身の倦怠感と共に眠気に襲われる。
真っ暗な視界の中、私はうとうとと眠りについてしまった。
「あぅ……うぁ、あ! あぁぁぁぁ!」
それからというもの、私はこの誘拐犯とのセックスに没頭していた。
体を縛っていた拘束は外され、相手の布団の上で体を交わせ合っている。
自由になった手を男の背中に回し、お互いに抱き締めあいながら情愛満ちる交尾を
行なっていた。
数日間続けても飽きず、勢いが衰えるどころか私の欲求は日を追うごとに増していった。
この日も、深夜、日を跨いで相手から正常位で突き上げられる快楽に酔いしれている。
「んう、ぅ……うぅぅ、う……んんう」

頭の蕩けるまどろみの中、私が唇を突き出すと男がキスに答えてくれる。
お互いに繋がりながらの、深い口付け。私の口の中に太い舌が侵入し、小さな細い舌と
触れ合っていく。
私は必死に相手の舌と絡ませるが、子宮口を襲ってくる悦楽に動きがぎこちなくなる。
「んっ! んん、ぅ! ううぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
少し口付けを交わすだけで、瞬く間に絶頂に達してしまう私。
頭の中でパチパチと火花が飛び散り、うっとりと表情が蕩ける。
何度も何度も味わった絶頂は、麻薬のように私の体へ浸透していった。
「んぅ、う……う、うぅぅ! うぅん、んんんんんんんん!」
膣のヒダヒダを掻き分け、強引に動く相手のモノは、もう私ではどうにも
ならないくらいに硬くなっている。
避妊具を幾重にも着けたモノは、絡みつくヒダをもろともせず子宮口を刺激していく。
「んむっ、むぅ……う、うぅぅ、う! うぅん! う……うううぅ、う! 
んふっ、ふぅ、う!」
口内を蹂躙され、膣を荒らされて、私は更に高い興奮に昇りつめる。
つい先日まで処女だったアソコは、この数日間でより快楽を受け止める性器へと
変貌してしまっていた。
口も、胸も、クリトリスも、何も知らなかったあの頃には戻れない。
見ず知らずの男性に犯される、この状況が異常だと分かっていつつも止めることが
できなかった。
「ん……む、ぅ……ふぅ、あぁ……あ! あぁ、あ! あぁぁぁ!」
相手が口を離すと、口から大量の涎が溢れ出す。
甘えた目で相手を見つめ、猫のように愛想を振り撒く。
そうすると、膣で蠢くモノが、少し膨らむのを感じ取れた。
「はぐ、ぅ! ぅああ! 気持ちぃ……気持ちッ、気持ちいぃぃぃ……! 
もっと、もっとしてぇぇぇ……」

貪欲に快楽を求める私にお仕置きするかのように、相手の腰使いが早くなる。
手足を相手の背中にしっかりと絡めながら、次々と与えられる刺激を受け止める。
「んん……あっ、あぁ、あ……! あ、あ! あ! あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
そして、またもや絶頂する。
今度は相手もイったのか、背中が震える感触が手と足を通じて伝わってくる。
もちろん、私たちの宴はまだまだ終わらない。
このまま私は相手を押し倒し、馬乗りの姿勢になる。
その時に抜けた相手のモノをそっと掴み、自分の割れ目に押し当てる。
「んふっ……あ、あぁ……あ。太いの……いぃ……っ」
そのまま徐々に腰を沈めていくと、根元までしっかりと結合する。
私の中でムクムクとまた膨らみ始めるモノを感じつつ、腰をゆっくりと前後に動かす。
膣を押し上げるモノがピクピクと小さく震え、ヒダヒダの一枚一枚を刺激していく。
私は甘い息を漏らしつつ、自分のペースを守って快感を得ていた。
「ひゃっ! あぅ……あ、あん!」
その時、唐突に相手の手が私の胸に伸びて来る。
両胸を鷲掴みにされ、初めて出会った時のように強引に揉みくちゃにされる私。
「も、もぅ……本当に、胸……好きなんですから、ぁ。あぁぁ!」
唇を噛み締めつつ、私はまんざらでも無さそうに呟く。
乳頭ははちきれんばかりに膨れ上がり、乳房全体ではなく先端のみを弄って欲しい欲求に
駆られる。
私が腰を上下に動かし、自分から相手のモノを出し入れし始めると、男の手に
掴まれている胸が大きく揺れる。
相手は私の胸を気に入っているのか、執拗に何度も揉みしだいていく。
最初はただただ好き勝手に手を動かすだけであったが、今では円をえがくように揉んだり、
撫でるように触ったり、軽く指を食い込ませたり、と工夫をしてくれている。
強弱のついた刺激が私を襲うと、体を小さく震わせながら更に快感を貪っていく。
「やぁ、あ……あん! ふぇ、あ……あぁぁ、あ! あぁん!」
胸に与えられる刺激を堪能していると、ついつい腰の動きが止まってしまう。
熱い、相手の肉棒が胎内で脈動し、温かい快感をジワジワ生んでくれる。
「ふやっ!? やぁ、あああぁぁぁぁ!」
そんな愉悦に浸りきった表情でぼんやりしていると、不意に下から相手が突き上げてくる。
油断しきっていた私は間抜けな声を上げ、体を弓反りにする。

「ああっ! あん! あんあん、あん! やあぁぁぁぁぁ!」
胸を揉まれながら膣の奥を突かれ、顔を左右に振りながら身悶える私。
全身を突き抜ける電流を受け止め、ヒクヒクと割れ目が痙攣する。
「……っ、く! うううぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
そして、瞬く間に絶頂する。
腰がガクッと砕け、後ろに倒れそうになった所を相手に引き寄せられる。
そのまま私は抱き締められ、なおも激しい突き上げの的に晒された。
「んぁっ! やぁ、あ! ああっ! あ、あ! あ! また、またイク! 
いく、く……う、うぅぅぅぅぅぅぅ!」
絶頂の上から、更に絶頂を与えられる。
獣のように叫び声を出す私の口を、塞ぐように相手がキスを交わしてきた。
「んん……ふぅ、うう……ん……んーーーーーー!」
パン、パン、パン! と部屋に肉の弾ける音を響かせつつ、淫靡な行為は続く。
全身に力が入らなくなった私は、今や快楽を貪るだけの人形。
舌も相手に良いようにしゃぶられ、絡まされ、征服されていく。
男の人に追い詰められる感覚。それが、私が一番の好物とするものだった。
愛も思いやりも何も無い、ただお互いにお互いを貪りあう獣のようなエッチ。
普通ならば嫌がる人が多いと思うが、私はこの快感を知ってしまった以上、
もう抜け出せない。
もっともっと気持ちよく。もっともっと激しいエッチを。
そんな欲求が、十三歳の私の中で膨れ上がっていく。
「んんっ! んむっ、む! も……っろ……! もっろ、はげし、く……
激しくうぅぅぅぅぅ!」
キスをされながら、私は肥大化する気持ちを口に出す。
それに答えるかのように、男の腰使いがまた一段と激しさを増した。
膣のヒダごと子宮口をめちゃくちゃに犯され、ザラザラした部分も、
気持ちの良いポイントも一気に擦り上げられる。
「んんんんんんんんんんんんん! んっ! んんっ! ん、んんんんん!」

既に興奮が最高潮に達していた私は、相手の一突き毎に絶頂を迎え始める。
絶頂の上から絶頂が重なり、頭が真っ白に染まっていく。
鼻の穴を収縮し、アソコの結合部から潮を撒き散らした。
「んむっ! あぁ、あ……あ! あーーーーーーーーー!!!」
もう、ただのエッチじゃ満足できない。頭がおかしくなるくらいの絶頂を。
体が壊れるくらいの快楽を。
この頃から、私の性的欲求は変態そのものだった。
長い絶頂を堪能した後、相手もまた絶頂する。
そこで限界が着たのか、腰の動きがピタリと止まった。
息も絶え絶えになった私は、そこから意識が朦朧とし始める。
また眠りにつくのであろうが、目が覚めると直ぐにエッチをするのだろう。
我ながら呆れた性欲だが、想像するだけでアソコがキュンと締まるのを感じた。
翌朝。そこには、私が想像した光景とは違った世界が広がっていた。
全裸だった私の体にはコートがかけられ、部屋の中には大勢の人がいる。
キッチリとした白い制服に、胸元にある黒いベスト。
私を抱いていた男の人は頭から布を被せられ、手に手錠をかけられて連れて行かれていた。
「君、目が覚めたの?」
制服を着た女性の方が、目覚めた私に気がついて声をかけてくれる。
気だるい体と、まだぼんやりする頭で言葉の意味を理解した私はぎこちなく頷いた。
「もう大丈夫だからね。助けに来るのが遅くなって、本当にごめんなさい」
女性は申し訳無さそうな表情を浮べると、衣類を持って私を別室に案内しようと勤める。
されるがままに服を着る私だが、布地と素肌が擦れあって変な声が漏れてしまう。
「ん……ぅう、ぅ……」
直ぐ側で立つ女性の手前、唇を噛み締めて声をかみ殺す。
が、どうしても体のほうがモジモジと動いてしまう。
「っ……ぅ、ぁぁ……んっ」

腰やお尻が左右に揺れ動き、淫猥なダンスを踊る。
それでも動きを最小限に留め、どうにか服を全て着ることができた。
ジャージに身を包み、外に出た私は何日かぶりに両親と再会する。
警察の人から聞いた話だが、私が助けられたのは、本当についさっき。
何日経っても家から出ない男を怪しんだ、付近の住民が様子を見て
通報してくれたのだという。
何か、女のうるさい声が聞こえてきた、というのが発端で、それを聞いた私は顔を
真っ赤にして俯いた。
そうして、乱暴な行為を受けていたとされる私を、両親は泣きながら
受け止めてくれた訳だが……
(まさか楽しんでたなんて……言えないよね)
母親に抱き締められる腕の中、私は心の中で溜め息をついた。
皆の言う乱暴を思い出すたび、体の芯がカッと熱くなる。
乳首がムクムクと頭を出してくるのを感じ、アソコがジュンと湿ってくる。
悲しみや同情に暮れる周囲を他所に、私は一人で妄想を楽しんでしまっていた――。
それからというもの、私は男性から襲われることが多くなった。
電車、道端、体育館倉庫、人気の無い裏道。
まだ中学生だというのに、毎日毎日、淫らな悦楽に浸った毎日を送っている。
性を貪る日々は高校生になった今も変わらずで、何をされても燃え上がるこの体の欲求に
抗えずにいた。
その中でも不思議なことに、私を抱いた人は何か必ず良い出来事が起こるのだと言う。
テストで満点を取ったり、会社で昇進したり、賭けで大勝したり……
私を誘拐した人だって、出所後、道端で拾った宝くじが大当たりしたという。
大金を得た男の人は私の家に来て、お詫びの印として色々な物をくれた。
家だったり、高級な家具だったり、家電だったり。もちろん両親はそれで男を
許すはずは無く、それらを受け取る事なく追い返した。
でも、私は……
「んぅ……ふぁ……」
暗い道の中、こっそりと口付けを交わす私と男。
相手より身長が小さい私は、一生懸命に背伸びをして身長差を無くそうと努力する。
そんな私の頭をやさしく撫でた男は、小さく笑いながらこう言った。
「また……沢山しようね。リナちゃん」
獣のような笑みを見せる相手に、私ははしたなく身をよじらせたのだった。

※今すぐ抜ける超高画質エロ動画なら・・・
極エロ動画はこちら
無修正で見るならこちら

アダルトの老舗サイトが3つ同時にリニューアルしました!

サンプル

http://jyukujyodouga.info/h4610 http://jyukujyodouga.info/h0930 http://jyukujyodouga.info/c0930 ご要望が多かったストリーミングも全作品対応となり、ダウンロード制限も気にせず、観たいときにすぐ視聴できるようになりました。 また、3つのサイトのうちどれか1サイトに入会すると、2サイト目購入時に入会割引を受けられる特典が付いています。
エッチな4610ってどんなサイト?
エッチな0930ってどんなサイト?
人妻斬りってどんなサイト?

D2Pass新作アダルト見放題プラン

D2Passに加盟している月額動画12サイトの新作が、配信された日から7日間ストリーミングにて
閲覧できるサービスです。
詳細はこちら

【カリビアンコムプレミアム】人気エロアニメ大放出!


カリビアンコムプレミアムでエロアニメ大放出!Hentai Anime Festival~萌え萌えアニメ祭り~ 2次元アイドル大集合!一挙に20作品を配信します!
作品はこちら

アダルトライブチャットDXLIVEからのお知らせ


あなたのタイプの女性とライブチャットでエロくて楽しい時間を過ごしませんか? 今なら無料体験実施中! 俺のチャット術詳細>>

おすすめ出会い系サイト

出会いはPCMAXから

会員数は500万人と桁違いの会員数なので、これで会えないなんて事はあまりにも 確率が低すぎます。 着実に会員のハートを掴んでいるカリスマ的なサイトでサイトの使い勝手も良くサクラを使う出会えない系詐欺サイトとは違って優良な出会い系サイトです。
PCMAXの評価、評判、口コミ、体験、レビュー

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

24時間内の人気記事(閲覧数)