1. ホーム
  2. 官能小説
  3. 痴漢
  4. ≫満員電車の中で獣のように犯され(里奈 ♀女子高生 16歳)

満員電車の中で獣のように犯され(里奈 ♀女子高生 16歳)


「はぁ……」通学の満員電車の中。朝の出来事を思い出し、私は溜め息をつく。
そう、私の朝は軽い自慰から始まってしまうのだ。それだけではなく、私の行為は
日々エスカレートしていっている。
自分でも、つくづくはしたないとは思ってしまう。
それでも、私は胸の中に渦巻く欲望を抑えることができないでいる。
もちろん、昔はこんなことをする人間ではなかった。
普通に朝起き、通学し、友達と遊ぶ。そんな普通の日常をずっと続けていたのだ。
ところが、私の普通はいとも簡単に崩れてしまった。
呆気なく、音を立てて……瓦礫が崩れるように、激しく。
きっかけは、数年前に起こった事件のことだが――
「きゃっ!」
私が過去の出来事に思いふけようとした瞬間、突然後ろから胸を鷲掴みにされる。
制服の、紺色のブラウスの上から、大胆に。
「リーナちゃん。今日も触りに来てあげたよぉ」
「あ……あぁぁ……っ、あなたは……!」
少し後ろを振り向くと、視界に捕らえたのは中年くらいの男性。
ニヤニヤといやらしい笑みを浮かべ、私を一匹の牝として欲情の眼差しを送っていた。
相手も興奮しているのか、膨らみを持つ温かいモノが私のお尻に当たる。
その瞬間、ゾクゾクとした快感が、一気に私の背筋を駆け巡る。
「やぁ……あ、あぁ……あぁん! や、やめ……ん!」
膨らみを圧迫するようにお尻を左右に振り、体を捩らせる。
衣類越しとはいえ、相手のモノの熱、大きさは私の体にしっかりと伝わってきていた。
「相変わらずノリノリだね、リナちゃんは。そんな大人しい顔をしながら、
本心はとってもイヤラシイんだ」
乱暴に胸を揉みしだかれ、私は電車の中であるにも関わらず声を溢れさせてしまう。
朝、軽い絶頂で終わってしまったのも手伝って、もっともっと大きな刺激を望んでしまう。
「やぁっ! だ、だめ……胸、胸は……あぁあ、あん! やぁぁぁ! 
そんなに揉んじゃ、私……私ぃ! 胸は、許して……っ」

「分かってるよ。リナちゃんは胸を揉まれるだけでも感じる、変態ちゃんだもんねぇ」
相手の男の言う通り、服越しに動く手に合わせて私は腰をくねらせる。
私の胸は男の指が動く度に形を変えつつも、張りのある弾力で抵抗しようとしていた。
「後、リナちゃん声大きいからコレ咥えていてね」
胸を揉まれる度、周りのことも忘れて喘ぐ私に、男は丸めたハンカチを咥えさせた。
強引に口の中に押し込まれた私は、多少の吐き気を感じつつも乱暴に扱われるこの状況に
興奮が高まっていく。
「んん……ぅ、う! んんん! んぅ、う……ううぅぅぅぅぅぅぅ!」
そして、一度ギュッと大きく胸を掴まれ、私は呆気なく絶頂してしまった。
まだこの男に会って、十分も経っていない。私が降りる駅までは、まだ二十分くらいある。
「あはは、リナちゃんは面白いくらいにイくんだから。面白いなぁ」
耳元で囁かれ、熱い吐息が伝わる。それが、絶頂したばかりの私に、ピリピリと電気が
走るような感覚が前身をかけ巡る。
「ふうぅ……う! ん、んッ! んんぅ、う! うぅぅ!」
膝はガクガク震え、早くも男なしでは立っていられない。
股間からは愛液が滴り、下着から溢れては私の太ももを伝わっていく。
乱暴に触られても簡単にイク、罪深い私の体。
まだまだ快楽を求めているのか、お尻を左右に振り、男に媚びるように性器を刺激する。
それに答えた男はブラウスのボタンを外し、白いワイシャツの上から私の胸を揉み始めた。
「んっ! んうぅ、う! う、うぅ……うぅん!」
薄布一枚を経て、私の胸は形を変えられていく。
強く握られたり、軽く撫でられたり、下からプルプル震わせられたり。そこに加えて、
男の舌が耳に這ってきた。
「んぐぅ! んんっ! ん、ンンン……ん、ぅ! んぅぅぅ!」
(む……胸、だめ! 弱……耳もッ、やぁぁぁ!)その内、男の手が胸から離れていく。
荒くなった鼻息を整え、肩で息をする中、男の手がワイシャツの中へと入ってきた。
滑るように侵入してきた手は私の柔肌を撫で、淫らな果実を包み隠す、
ブラの中に入って来る。
そして、相手の指がはちきれんばかりの突起に這わされた。
(ち、乳首ッ、もっと……やらぁぁぁぁぁぁ!)
乳首の先を軽く撫でられただけで、私は体を弓反りにしてしまう。
鼻の穴をヒクヒクと収縮させ、発情した猫のように息を荒くさせる。
「んふっ! ん、んんう! うッ、んん、う! んんんんんんんんんんん!」
クリクリと乳首を転がされ、先程よりも深い絶頂に達してしまう私。
ハンカチで抑えられた口からは大声が溢れ、周囲の目を引いてしまう。
(やぁ、あ! やめて……見ないでえぇぇ……!)
通勤中のサラリーマンや、OL、立っている若者達の目が突き刺さり、
私は男の手の中で悶える。
ビクン、ビクン、と小さな痙攣を繰り返し、達したばかりの私は小さな
絶頂を繰り返していた。

「ンッ! んぅ、う……ンン! んむっ、む……んんんん! んーーーーーー!」
そんな私に追い討ちをかけるように、男の手は激しく動く。
痛いほど勃起しきった乳首をつまみ、こね回してきた。
先程よりも強い刺激に、絶頂を味わったばかりの私は更なる高みへと押し上げられる。
体はもうとっくに参ってしまっている。
心もまた、絶頂した時の快感が甘い毒となり、もっともっととねだってしまっている。
(も……らめぇ! 電車エッチ、気持ちいぃぃ……ちくび、ちくびッ、もっと虐めて……
くりくりこね回してぇ……っ)
口に入れられたハンカチは、興奮した私の涎を吸収しきれなくなってきたらしい。
口元から透明の蜜が垂れ、顎から垂れ落ちる。
同時に、男の両手が、私の左右の乳首をつまみ、強く引っ張った。
「ん……っ、ぐ! んぐううぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!」 
再三に渡る絶頂の末、私のふしだらな割れ目から蜜がぴゅっ、ぴゅっと飛び出す。
びしょ濡れのショーツから漏れ、電車の床に小さな水溜まりを作った。
駅まではまだまだ十五分くらいある。男は私に息を整える暇も与えず、手を動かし続けた。
(やっ、あ、あ! あぁぁ! 乳首ぃ……さきっちょピンピン弾くと、私っ、私ぃ……!)
男の執拗な愛撫を受け、ますます硬くしこりたった私の乳首。
男の指先にされるがまま、強く上下左右に弾かれていく。
「んうぅ! う、ううう……! う、んんん! んっ! んふっ、んぅぅぅぅぅぅ!」
乳首の動きに合わせて、自然と腰が動いてしまう私は淫らなダンスを周囲に披露する。
痴漢に遭い、乱暴な愛撫でもそのまま全て快楽として受け入れてしまう私に、この車両に
いる男性全てのモノは固くなっていた。
興奮、欲情、痴漢に対する憧憬、女性も私の痴態に当てられたのか、膝を閉じて
もじもじとしている。
(あぁぁ……色んな人が……見てるぅ……)
乗客の視線を一身に浴び、男の手つきがより乱暴になった所でまたも絶頂を迎える。
「んんんんんん! んっ、ん! んうっ、んんんんん!」
この短時間で四度目の絶頂。それでも私の体は冷めやらない。寧ろ、お腹の下あたりが
キュンキュン疼いて仕方がなかった。
その瞬間、男の手が胸から離れる。
ブラとワイシャツから抜けるように出た相手の両手は、私の肩を掴んだ。
そして、開かれた電車のドアへと連れて行かれる。
まだ、私が降りる駅には着いていない。恐らく、この痴漢が降りる駅だろう。
全身に力の入らない私は、周囲の目に晒され、服装を乱したまま簡単に電車から
降ろされた。
そうして、そのっま連れて行かれたのは――
「きゃあっ!」
障害者用の、広めのトイレ。ドアには鍵をかけられ、私は完全に逃げ場を失った。

ここまで来れば、残すは目の前の獣に美味しく食べられるのみ。
「やぁ……あぁぁ……!」
「何だこれは……涎でびしょ濡れじゃないか」
男は私の口から取ったハンカチを目にし、下卑た笑みを浮かべている。
そんな猛獣を前にして、蓋の閉じた便器に状態を預けた私はお尻を左右に振っていた。
膝から少し上のミニスカートが左右に揺れ、太ももに伝わる愛液がキラキラ光る。
(あぁ……私、食べられる……今日も、食べられちゃう……)
そう考えるだけで、背筋にピリピリと電気が走り、昂ぶった体は軽い絶頂を迎えてしまう。
その内、ハンカチをポケットにしまった男が近づき、私のスカートを
思い切りめくり上げた。
「それに、この下着……黒の紐パンとは……ワイシャツに黒い下着は駄目じゃないか? 
丸見えじゃないか」
「き、今日はこれしかなかったんですぅ……言わないでくださ、いぃ……」
男にびしょ濡れの下着を凝視され、いやらしい蜜が更に溢れ出る。
腰をだんだん早く振り、股間の疼きをアピールする。
そうすると、男の方も耐え切れなくなったのか、私の後ろでベルトをカチャカチャと
鳴らした。
現れた相手の性器に避妊具が幾重にも被さり、準備を終える。
その後、私のショーツの結び目を解き、はかなく下着を落とす。
そうして無防備になった秘所を、相手の剛直が一気に貫いた。
「い……っ! あああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!」
秘所への愛撫もなしに、後背位で串刺しにされた私は五度、六度、七度と連続で
絶頂を味わう。
ダムが決壊したように、私の中へ快楽が流れ込む。
頭の中が何度もスパークし、更に八、九、十、十一、と絶頂に押し上げられる。
「……っ、相変わらず……リナちゃんの中は最高だよ……。
コンドーム、幾つも重ねないと直ぐイかされそうだ……!」
始めから熟れに熟れた私のアソコは突然の挿入にも痛みは感じず、快楽のみを私に与える。
同時に相手のモノを無数のヒダヒダで歓迎し、蛇のように絡み付いては締め付けていく。
オスの精液をねだることに特化した私の膣は、攻めるほうにも守るほうにも、
極上の快楽を提供した。
「ビクッ、ビクビク……ってぇ……! おじさんの、ビクビク震えて、喜んでるうぅ……」

私は尻を左右に振り、強引に入り込んできた侵入者を心から歓迎する。
甘く、蕩けた声を響かせ、キュンキュンとアソコを収縮させた。
「ふぁっ! ああぁぁぁぁっ、あ! あぁぁ、あ! ぁあん!!!」
直後、男の腰が動き始める。
私の腰を両手でしっかりと掴み、逃がさないようにしながら、激しいピストン運動が
開始される。
パン、パン、パン! とただただ腰をぶつけ合うセックス。
降りてきた子宮口に男のモノが当たり、ハチミツのように蕩けた私の頭にマダマダ
追い討ちをかける。
「ひぃっ! おくっ、奥はっ! 奥は許しれえぇぇぇ! 変に、変になるうぅぅぅ」
「リナちゃんは奥が好きだねぇ。たっぷりと攻め込んであげるよ!」
「ひいいいぃぃぃぃぃぃぃぃぃ! あひっ、ひ! ひうぅぅぅ!」
突然男のモノが深く貫き出し、降りてきた子宮口を集中攻撃する。
私はたまらず絶頂し、下品な声を出す。
本日十二回目の、深い、深い絶頂。男の腰が止まらない限り、この絶頂から
抜け出すことはないだろう。
「いぐっ! いぐいぐいぐ! いぐぅぅっ! 
ぐ、ぅぅぅぅぅううううぅぅぅぅぅううぅ!」
背筋を仰け反らせ、絶頂地獄に酔いしれる。舌を突き出し、朝から行なわれる
激しい交尾に私は夢中になっていた。
「ひぃっ! あひっ! ひぅ、う! あひいいぃぃぃぃ!」
後背位という、獣のように犯される体勢が私の興奮を更に煽る。
そうして長い絶頂を味わう中、男の手が私の腰から離れる。
そして、突かれる度に揺れる淫らな果実へと伸ばされた。
「ひいいいぃぃぃぃぃぃぃいいぃ!!」
交尾の最中、私が着ていた服は乱れに乱れていたらしい。
ブラウスも、ワイシャツも、ブラも、男によってはだけさせられていた。

無防備になった私の胸が、手の温もりを直接感じ取る。
私の体は抱き寄せられ、男の掌に収まりきらない爆乳が好き放題にこね回される。
「ひぅっ! 胸ッ、胸弱いっ! のぉぉぉ! ひうぅ! イク、イクイクイクイク! 
もっとイグぅぅぅぅ!」
頭も心ももう、パンク寸前。それでも、体はそれに反比例してもっともっと疼いてく。
白い肌に珠のような汗が浮かび、乳首はビンビンに尖りきる。
アソコは更に快楽を求めるように男のモノを締め付け、無数のヒダヒダをねっとりと
絡み付けていく。
竿丸、裏筋、カリ首……高級ソープ嬢が、自分の体を客にこすり付けるように、
ねっとり、じっくりと。
「あぁ……リナちゃん。君とのエッチは最高だよ。
君のその声を聞くと、何故だか活力が湧いて来る」
「ひぐ、ううぅ! うっ、うやっ! あ、ああああ、あ! あぁぁぁぁぁ!」
もう、男が何て言っているのかすら分からない。
私はもう、ただ快楽を受けて喘ぐだけの牝。
ここがどこか、なんて、時間なんて関係ない。
(もっと……もっともっと……もっとぉぉぉ!)
男の腰使いはますます荒々しくなり、胸も乱暴に揉みくちゃにされる。
私は、もう一段深い絶頂へと堕ちていった。
「あっ! あっ、あ! ああ、ぁ! ああぁぁ! あぁぁぁぁぁぁぁぁあああ!」
そんな私にトドメを刺すかのように、男の指先が私の乳頭に沿わされる。
絶頂に絶頂を重ね、充血しきった乳首。
それは、男に弄られる時を今か今かと待ち望んでいた。
(い、今……ちくび、乳首はぁ……あ)
混濁する意識の中、更に押し寄せるであろう波の予兆に背筋を震わせる。
口から涎を垂らし、絶頂の奥底で悶える中、その時は直ぐにやって来た。
ギュッ。

刺激は、たったそれだけで十分だった。
「っーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!」
絶頂のどん底へと叩き落され、声にならない悲鳴を上げる。
顔は下を出したまま上を向き、背中を限界まで逸らす。
それが胸を張る結果となり、尖りきった乳首を更に目立たせる。
男はそのまま、私の乳首をグリグリ、グリグリとこね回していく。
「っ!!!!  ! っ、っっっ!!!」
アソコは決壊したように愛液を流し、男のピストンが一回行なわれる毎に潮を撒き散らす。
絶頂の上から更に深い絶頂を重ね、私の体は面白いように跳ねる。
電気ショックを繰り返し撃たれたように、大きな痙攣を続ける。
こんな状態になっても、男は交尾を止めない。
寧ろ、いつもこのくらいはやっている、といった勢いで行為を続けていく。
「っ、っぁ! ぁ……あ! あ! あーーーーーーーーー!!!」
いつまで立っても声を出さない私をつまらないと感じたのか、男の指使いが変わる。
ただこね回すだけだった乳首を、先端をピン、ピンと強く弾いた。
新しい刺激に私は声を溢れさせ、男は表情を歪める。
そして、限界が近づいているのか腰の動きが一段と早くなった。
「さ……そろそろ……!」
最後に爪先で私の乳首を引っかき、力強く突き上げる。
その瞬間、男のモノが子宮にくっついたまま静止した。
「あっ! あぁ、あ! あああぁぁぁ、あ! あ、ああ、ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
相手の精子は避妊具に遮られて飛び出すことはないが、私はしっかりと絶頂した。
男のモノが跳ね、膣を揺らして止めを刺したのだ。
ずっと絶頂しっぱなしの私は、男の腰が止まってもなお快楽の海から抜け出せない。
体はまだ震えつつも、糸の切れた人形のように脱力する。
「ふぅ……良かったよ。
リナちゃんとこうする為に、こっちはわざわざ早起きしているからね」
私の性器からモノを抜いた男は、腕時計を確認しながら言う。
ズボンをはき、身だしなみを整えた後、ぐったりする私を便座に座らせる。
「これで今日のプレゼンも大成功間違いなしさ。ありがとうね」
男はご機嫌そうに笑い、私の服装を直してくれる。
腕や腰が震える私の体に服を着せ直すのは大変そうだったが、どうにか見た目は
元の状態に戻してくれた。
「それじゃ、そろそろ行くよ。君も、今日はこれ以上襲われなかったら良いね」
くてッとする私に背を向け、男は出て行く。
白濁する視界の中、入れ違いに人が入って来たのが分かった私は、行為が
終わったばかりだというのにジュン、とアソコを濡らした。

※今すぐ抜ける超高画質エロ動画なら・・・
極エロ動画はこちら
無修正で見るならこちら

アダルトの老舗サイトが3つ同時にリニューアルしました!

サンプル

http://jyukujyodouga.info/h4610 http://jyukujyodouga.info/h0930 http://jyukujyodouga.info/c0930 ご要望が多かったストリーミングも全作品対応となり、ダウンロード制限も気にせず、観たいときにすぐ視聴できるようになりました。 また、3つのサイトのうちどれか1サイトに入会すると、2サイト目購入時に入会割引を受けられる特典が付いています。
エッチな4610ってどんなサイト?
エッチな0930ってどんなサイト?
人妻斬りってどんなサイト?

D2Pass新作アダルト見放題プラン

D2Passに加盟している月額動画12サイトの新作が、配信された日から7日間ストリーミングにて
閲覧できるサービスです。
詳細はこちら

【カリビアンコムプレミアム】人気エロアニメ大放出!


カリビアンコムプレミアムでエロアニメ大放出!Hentai Anime Festival~萌え萌えアニメ祭り~ 2次元アイドル大集合!一挙に20作品を配信します!
作品はこちら

アダルトライブチャットDXLIVEからのお知らせ


あなたのタイプの女性とライブチャットでエロくて楽しい時間を過ごしませんか? 今なら無料体験実施中! 俺のチャット術詳細>>

おすすめ出会い系サイト

出会いはPCMAXから

会員数は500万人と桁違いの会員数なので、これで会えないなんて事はあまりにも 確率が低すぎます。 着実に会員のハートを掴んでいるカリスマ的なサイトでサイトの使い勝手も良くサクラを使う出会えない系詐欺サイトとは違って優良な出会い系サイトです。
PCMAXの評価、評判、口コミ、体験、レビュー

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

24時間内の人気記事(閲覧数)