1. ホーム
  2. 官能小説
  3. オナニー
  4. ≫犯されることを想像しながらバイブオナニー(藍梨 ♀通販オペレーター 24歳)

犯されることを想像しながらバイブオナニー(藍梨 ♀通販オペレーター 24歳)


ネットで色々と検索し続け、私の初めては”みちのく”と言う名前のディルドタイプの
バイブに決定しました。
それをクリックして注文し届くまでの2日間が私の人生の中で一番待ち遠しい時間でした。
それが届いた日、私は一番お気に入りのエッチな下着を身につけていました。
それは、オナニーの気持ちを高めるために買ったアダルトグッズの一種で、
ブラもショーツも穴が空いているタイプの物でした。
身につけているのに、乳首もオマンコも丸見え……。
そんなはしたない下着でした。
私は箱からそのディルドを取り出すと、キッチンで洗い始めました。
石けんをつけてこすりながら、気持ちがどんどん高まっていくのを抑えられませんでした。
こんなに固いんだ……。
こんなに大きいんだ……。
私は、夢中でそれを洗い続けました。
そして、興奮してしまった私は、きれいに洗ったそれを口にくわえました。
小さめのサイズを買ったつもりが思いの外大きくて、私の小さなお口では歯が
当たってしまいます。

でも、そのディルドが私の口を押し広げていく感覚に、私はさらに興奮しました。
大きくて太いモノが口の中にある……。
そして、これが私の初めてを奪う……。
そう思うと、私はそれだけでオマンコがヒクヒクしてイキそうになってしまいました。
私は我慢出来ずに、ディルドにフェラチオをしながら、自分のオマンコをまさぐりました。
固くなったクリトリスを触ると、私は今まで感じたことのない、脳天まで光が走るような
痺れに似た快感を感じてしまいました。
そして、早くこのくわえているものを入れたい……。
犯して欲しい……。
そんな気持ちで胸がドキドキしました。
そして私は、ディルドにローションを塗りつけ、私のオマンコに押し当てました。
でも、キツキツでとても入るようには思えませんでした。
おまんこの中がキュンキュンとうずいています。
その逞しい固いもので、中をメチャクチャに犯して欲しい……。
そんなはしたない気持ちでいっぱいでした。

私は自分で入れるのをあきらめ、ディルドを床のフローリングに吸盤で貼り付けました。
すると、床からおちんちんが生えているような違和感満点の光景になりました。
そこに私はまたがっていきます。
そして、ローションにまみれたそれが、私のまだ誰も受け入れたことのない、キツく
閉じた膣穴に当ります。
私は、ゾクゾクッとしました。
この後これが、私に今まで知らなかった快感を与えてくれる……。
そう思うと、胸がときめきました。
私は、ゆっくりと体重をかけていきます。
すると、メリメリっという感じで、固いディルドが私の淫乱な秘肉を分け入ってきます。
私は痛みに声を漏らしましたが、耐えられないほどではありませんでした。
痛みよりも気持ちよさが勝っているのです。
ゆっくりとさらに体重をかけていく私。

そして、いきなり『ヌルンッ』とディルドが入ってしまいました。
一番太いカリ首の部分を越えると、それは一気でした。
鋭い痛みに、私は叫びました。
でも、痛みはすぐに引きました。
たぶん、淫らな期待が大きくてアドレナリンが出ていたんだと思います。
私は、不自然な中腰がツラくなってきたこともあり、さらに腰を降ろしていきました。
すると、固いカリ首が私の内壁を削りながら進んでいきました。
そして、あるポイントにそれが来た瞬間、
『あっ! ふぅぅあぁっ!!!』と、声が漏れてしまいました。
初めてなのに、もう快感を感じてしまう……。
私は、自分の淫乱さに驚きました。
そしてそれは、ローターや電マで刺激するのとはまったく違った快感でした。

それの痺れるような快感ではなく、内側から幸福感がわき出てくる感覚。
多幸感というのでしょうか?
そんな快感に、顔がほころぶのを感じました。
さっきまでの痛みはもう消えていました。
私は、奥まで入れることなく、その気持ち良いポイントにゴリゴリとディルドを
押し当てていきます。
『んっ、んっ! んふぅっ、うふぅ……あぁっ、んっ! んふぅ  ふぅっ 』
私は中腰で腰を動かしながら、あえぎ声をあげていました。
もっと激しい痛みを伴うと思っていたのに、声が出てしまうほどの快感を感じて、
私は戸惑っていました。
そのポイントにディルドが当る度に広がる、声を抑えきれないほどの快感に私は夢中に
なりました。
こんなおもちゃで、しかも騎乗位で初体験をした私……。
でも、後悔はありませんでした。

私は穴の空いたブラから覗く、小さな乳首を触り始めました。
それは、自分でも驚くほど固くしこっていました。
両手で両乳首を触ると、私は頭がおかしくなるかと思うほどの快感を感じました。
いつものオナニーの時とは比較にならないほどに、乳首も敏感になっていました。
『んっ! んふぅ  乳首ダメぇ、あっ! あっ  おまんこ気持ちいいぃっ! 
おちんぽ凄いのぉ 』
『んん…っ、やぁ…ああっ気持ち…イイっ…、あぁ…っ、あっ、熱いっ! 
熱いいぃーっ! 』
私は意識しているわけでもないのに、隠語を口にしていました。
言葉に出すと、快感が増す。
不思議な気持ちでした。
そして私は、左乳首を触ったまま、右手をクリトリスに伸ばしていきました。
私のクリトリスは、驚くほどに固くなっていました。

そして触った瞬間、私は頭が真っ白になりました。
たぶん、イッたのだと思います。
乳首もクリトリスも同時に触っていたので、純粋な中イキではないと思いますが、
それでも今までとはまったく違うイキ方でした。
私は、はしたないオマンコ汁を床にまき散らすように果てました。
そして私は、ビクンビクンと体を痙攣させるようにしながら、力尽きて腰を降ろすように
してしまいました。
すると、ディルドがググッ! と奥まで入ってきてしまいました。
それは一気に私の奥まで入ってきて、奥の壁に突き当たりました。
すると、痛みと快感が同時に襲ってきました。
たぶん、実際は痛みの方が強いと思いますが、奥まで犯されているという感覚が
私の快感を増したのだと思います。
私は、イッたばかりなのに腰が勝手に動き始めました。
ペタンと女の子座りをして、おまんこの奥までディルドをくわえ込みながら、腰を前後に
揺さぶるようにしました。

すると、さっきのスポットを直撃する多幸感を伴う快感とは違う、息が詰まるような、
追い詰められるような快感が私の背中から頭まで駆け抜けていきました。
しばらく私はオナニーを覚えたての頃のように、夢中で腰を振り続けました。
そして、また頭が真っ白になると、そのまま横に倒れ込んでしまいました。
ズボッとディルドが抜ける時、私は魂まで抜けるような感覚でした。
こんな風に初体験をした私は、エスカレートしていきました。
壁に吸盤で貼り付けて、立ちバックの格好で狂ったようにオマンコを壁に打ち付けたり、
ディルドを入れたまま固定用の革パンツを穿いて授業を受けたりしました。
そして私は、ディルドでオナニーをしながら、もう一本買ったディルドを口にくわえて
腰を振るのがスタンダードになっていきました。

そんな風にオナニーをしながら、私は二人の男性に犯されることを想像するように
なりました。
二人の男性に、ただの性欲処理の道具として扱われたい。
言葉もかけられずに、ただ上下の口を犯されたい。
私は、一日中そんな妄想をするようになりました。
授業中も、ゼミで皆といる時も、頭の中は肉便器にされる自分でいっぱいでした。
こんな妄想も、スマホやSNSがなければ妄想で終わったはずです。
私は、海外の動画サイトにディルドオナニーをアップしました。
それは、犯してくれる人たちを募集するのが目的でした。
動画をアップした途端、恐ろしいほど沢山のメッセージが届きました。
外国の方を除外して、良さそうな日本の男性数人にメッセージをしました。
そして、2か月ほどのメッセージのやりとりを経て、二人の男性と会うことになりました。

その一人の男性(健太さん)は、会う前からメッセージで私の調教を始めました。
健太さんは私にオナニーをさせますが、イク事を禁じました。
私は、今までオナニーでは好き勝手に何度も何度もイキ続けていたので、イッては
いけないという制限は、もの凄く精神的にこたえました。
でも、イッてはいけないと思うと、余計に気持ち良くなってしまい、いつもよりも
短時間にイク寸前まで行ってしまいます。
そのまま腰を動かして、イッてしまいたい……。
そんな気持ちと、健太さんの指示との狭間で私は泣きそうでした。
そして、毎日イッていた日々から、イケない日々が始まりました。
3日もしないうちに、私は頭がおかしくなりそうでした。
健太さんともう一人の祐介さんにおもちゃのように犯され、イキ狂う夢まで
見る始末でした。

そして、当日になりました。
私は健太さんの指示通り、穴の空いたブラとショーツを身につけ、股下10cmも
ないようなミニスカートを穿きました。
ブラウスに勃起した乳首が浮き出ているのを見て、私は思わず触ってしまいました。
もう、今すぐメチャクチャに突っ込んで欲しい。
立ちバックで髪の毛を掴まれて、ガンガン突きまくって欲しい……。
そんな気持ちになってしまいました。
そして私は、痛いほど乳首を勃起させたまま部屋を出ました。
すれ違う人すべてに見られているような感覚に陥りながら、私はスカートに出来て
しまった恥ずかしい染みを見られないように、カバンで押さえながら歩き続けました。
そして、指示された通りのマンションに着き、オートロックのインターフォンを押すと、
無言でロックが解除されました。
私は、この時点でもうイキそうでした。
でも、なんとかエレベーターに乗り、健太さんの部屋のドアを開けました。

すると、イキなり髪の毛を掴まれ、下駄箱に身体を押しつけるように
押さえつけられました。
私は小さな悲鳴をあげながら、なすがままに下駄箱にしがみつきました。
すると、すぐにスカートをまくり上げられ、後ろから熱くて固いものを
押し当てられました。
アッと思う間もなく、一気にねじこまれると、
『んふぅ  あぁぁっ、イクっ  イクぅっ 』と、はしたない声で絶叫していました。
生まれて初めて本物を突っ込まれて、私はそれだけでイッてしまいました。
でも、それがスタートでした。
健太さんは私の髪を掴んだまま腰を振り続けます。
髪の毛を引っ張られる痛みすら快感に変わるような感じで、私は快感の渦の中で
叫び続けました。
健太さんは、荒い息遣いでひと言も口をきいてくれません。

ただ、黙ってそのいきり立った肉棒をガンガン突き入れてきます。
健太さんの肉棒は、メッセージでアピールして頂いていた通り、みちのくよりも太くて
長いようでした。
私は、今まで経験したことのない拡張感と、いつも以上に奥を押し込まれる感覚に、
恐怖を感じるくらいの快感を感じていました。
それなのに私は、『うぅあぁっ! もっとぉっ! もっと激しくして下さいぃっ! 
奥をもっと突いて下さいぃっ!』と、叫んでいました。
髪の毛を掴まれ、言葉すらかけてもらえずに犯し続けられることに、私は最高の幸せを
感じていました。
しばらくそれが続き、私は快感であえぎ続けました。
まだ服も着たままですし、場所もまだ玄関です。
それでも私は、最高に感じてしまっていました。
「よし……出すぞ、中に出すぞ!」
やっと聞けた健太さんの言葉は、私の人格を無視するようなものでした。
打ち合わせのメールでも、生でして良いとか、中に出して良いなんてひと言も
言っていません。

私は、大きすぎる快感で考える事を忘れていましたが、健太さんの言葉で一気に
怖くなりました。
中に出されてしまう……。
それは、妄想の中では当たり前のように考えていたことですが、いざ実際に、男の人の
精液が身体の中に注ぎ込まれると思うと、私は思わず、
『ダメぇっ! 中はダメです! お願いします! 外に!』と、泣きそうな声で
叫んでいました。
でも、私のその言葉で、健太さんの肉棒はさらに固く大きくなった感じでした。
そして、さらに健太さんは腰の動きを強く速くしました。
私は、その動きで頭が真っ白になってしまいました。
中に出される恐怖が一瞬で消えて、言葉にもならないような叫び声を上げていました。
「イクぞ……。中にぶちまけるぞ!」
健太さんは、少しうわずった声で言います。
私は、その言葉でさらに頭が白くなっていきました。
「きてぇっ、中に出してっ! いやぁぁあああ!! いっちゃうっ! いくっ! 
いっくぅぅ!!!」
私は玄関で、そのまま気を失ってしまいました。

※今すぐ抜ける超高画質エロ動画なら・・・
極エロ動画はこちら
無修正で見るならこちら

アダルトの老舗サイトが3つ同時にリニューアルしました!

サンプル

http://jyukujyodouga.info/h4610 http://jyukujyodouga.info/h0930 http://jyukujyodouga.info/c0930 ご要望が多かったストリーミングも全作品対応となり、ダウンロード制限も気にせず、観たいときにすぐ視聴できるようになりました。 また、3つのサイトのうちどれか1サイトに入会すると、2サイト目購入時に入会割引を受けられる特典が付いています。
エッチな4610ってどんなサイト?
エッチな0930ってどんなサイト?
人妻斬りってどんなサイト?

D2Pass新作アダルト見放題プラン

D2Passに加盟している月額動画12サイトの新作が、配信された日から7日間ストリーミングにて
閲覧できるサービスです。
詳細はこちら

【カリビアンコムプレミアム】人気エロアニメ大放出!


カリビアンコムプレミアムでエロアニメ大放出!Hentai Anime Festival~萌え萌えアニメ祭り~ 2次元アイドル大集合!一挙に20作品を配信します!
作品はこちら

アダルトライブチャットDXLIVEからのお知らせ


あなたのタイプの女性とライブチャットでエロくて楽しい時間を過ごしませんか? 今なら無料体験実施中! 俺のチャット術詳細>>

おすすめ出会い系サイト

出会いはPCMAXから

会員数は500万人と桁違いの会員数なので、これで会えないなんて事はあまりにも 確率が低すぎます。 着実に会員のハートを掴んでいるカリスマ的なサイトでサイトの使い勝手も良くサクラを使う出会えない系詐欺サイトとは違って優良な出会い系サイトです。
PCMAXの評価、評判、口コミ、体験、レビュー

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

24時間内の人気記事(閲覧数)