1. ホーム
  2. 官能小説
  3. 痴漢
  4. ≫痴漢によりかかった状態で息も絶え絶え(菜月 ♀女子高生 18歳)

痴漢によりかかった状態で息も絶え絶え(菜月 ♀女子高生 18歳)


電車の中で痴漢された私。
わけのわからないまま触られてるうちに、痴漢のアソコと私のアソコが繋がってしまった。
よくは知らないけど、これはつまり、せ、セックスというものではないか?
保健の授業ではやってないけど、なんかの本にこういうことが書いてあったし。
けれど、思い至った時には遅く、既に事は終わってしまった。
今は電車の中で痴漢によりかかった状態で、息を整えている状態だ。
えー、次は、○○駅、○○駅でございます。
「?!(え、ここどこ!)」
聞いたことない駅名からして、自分の駅はとうに過ぎていたことに気づく。
すっかり忘れていたが、私は学校に遅れていたのだ。
このままだと一時間目に間に合わなくなるかもしれない。
いや、もう無理かもしれないが二時間目からよりは一時間目の前半の途中の方が
入りやすいので、どちらにせよ急いだ方がいい。
この状況より遅刻の心配とは、自分がどんな状態か飲み込めてないのか現実逃避かは
わからないが、ひとまず電車からでないと落ち着いて考えられない。
まだ頭がボーッとしてるから、外でスッキリすれば色々考えられるだろう。
そう考え、急いで痴漢から身体を離し着衣の乱れをなおす。
ブラはどこかでちゃんと着けるとして、パンツはスカート越しに着ける。
パンツの濡れた感覚と、自分のアソコから滲みだすものの感覚がなんともいえない。
コンビニでパンツ買おう。
いつの間にか落としていた鞄を拾う。

そして次の駅になって出入口が開いたらすぐさま出ようと、痴漢から少し距離をとった。
満員電車なのは変わらないので、本当に少しだが
「…!」
駅に着いた。
急いで出ようと人の波を掻き分けてく。
そしてやっと外にでて、少し歩いたとこで後ろから電車の閉まる音が聞こえた。
やっと落ち着ける。
そう思ったら、足が震えて力が抜ける。
あわてて近くにあった椅子に手をのばして腰をおろした。
すると、隣の椅子に誰か座ってきた。
「そんなに気持ちよかった?」
「…!?…ぁ」
楽しそうに言われた言葉に一瞬、理解が追い付かなかった。
思わず顔をあげてみると、そこには20代くらいの男の人がいた。
この人がさっきの痴漢なのだと理解する。
まさかこんなに若い人とはおもわなかった。
そして先ほどのことを思いだし恥ずかしくなりつつも、なんでここに、という
気持ちからその顔を眺めていると唐突に腕を掴まれ立たされた。
「おいで」
そのまま見知らぬ駅を歩かされる。
いきなりのことで混乱しつつも、どうしたらいいかわからずになすがままだ。
逃げた方がいいと思っているのに、振り払えない。
色々と電車の中でされてしまった事によってか、どうにも逆らえない気持ちに
なっているようだ。
あと、電車でのことを思いだして今更ながら恥ずかしさがわいたことで、それも思考を
鈍らせている原因となっている。

というわけでよくわかんないままに連れられている私だったがどうやら目的地に
ついたようだ。
「ほら、入って」
促されるまま入ったのはトイレだった。
しかもトイレといっても、多目的トイレだった。
結構キレイで、床や壁はタイルではなく一面ツルツルしているものだった。
けれど、外でも聞こえたガタンゴトンという電車の音がよく響き、少しうるさかった。
ガチャリと、観察していたら聞こえた鍵を閉める音。
後ろを振り向くと笑う痴漢の姿。
「ひ…」
やっとここで気づいた私。
これは危ないと同時に気づくのが遅かったのにも気づく。
「さ、て…ここまでついてきたってことは、またさっきみたいにして欲しいって
ことでいいよね」
慌てて首を横にふる。
逆らえなかっただけでそこまで考えてなかった。
よく考えたらそう受け取られてもしょうがないかもしれないけれど、
さすがにそれはない。
「してほしくないの?でも、気持ちよくないって言ってたのに、最終的に気持ちよかった
って意見変えてたよね。素直じゃないのかな?なら、素直にしてあげようか」
近寄ってきた痴漢。一歩近づくごとに、私も後ろに一歩さがる。
ジリジリと詰められて、最後には壁に追い込まれる。
「電車の中で、気持ちよかったでしょ?」
「…ぅ」

「ねぇ、気持ちよかったって言いなよ。言わないと、他の人にばらしちゃうよ?」
ばらす?あの姿を?どうやって?
疑問に思っていると向こうから説明してきた。
「ほら、このネックレス。これに隠しカメラが入ってるんだ。だから電車での君の姿は
多少ぶれてるだろうけどバッチリ映ってるはずさ」
「…?!そ、そん、な」
撮られていた、なんて
痴漢のお兄さんは見せつけるように、私の目の前にネックレスをもってくる。
確かに、小さいけどカメラのレンズのようなものがみえる。
衝撃の事実に、手が震える。頭もクラクラしている。
「言うこと全部聞いてくれたら何もしないよ。だからさ、言ってくれるよね?」
もう、諦めるしかなかった。
「……ち………った…」
「ん?もっと聞こえるように」
「き、…気持ち、よかっ、たです!」
「ん、いい子。じゃあ次は、これ、自分で胸の上までまくりあげて」
「ぅ…はい」
セーラー服の上着を軽く引っ張られる。
私が裾を掴むと手をはずし、まじまじとみてくる。
それに恥ずかしさを覚えながら、胸の上まで服をたくしあげた。
同時に涼しくなる胸。
そういえばホックが外れたせいで、胸の上にブラが移動していたのだったということは
直接、肌がさらされているということで…
「うん、いいね。じゃあ、そのままにしててね。触るから」
「…っ」
「やわらかいね。ほら、こんなに形がかわる」
左右、上下、自由自在に動かされる私の胸。

それを目の前でみせられるのが嫌で、横に顔をそらし、目をつぶる。
電車での熱がまだ残っているからか、胸がゾワゾワする。
「ちゃんと見なよ。ほら、こっちむいて」
「は、はい…ん、んん!!んー!!っはぁ、チュル、んチュル」
仕方なく前を向くといきなりキスをされた。
抵抗しようにも、そのままにしろと言われた手をはずすわけにもいかずにいたら
舌をいれられて激しいキスをされる。
ただ、キスをしてるだけなのに電車で感じた感覚がよみがえる。
「ふぁあぁ、ん、チュル、んんーーっふぅ…はぁ、はぁ」
「気持ちよかった?」
「…は、い」
「なら、こっちにもキスしたげる」
右の胸に顔を近づけて、チュ、とキスしてくるお兄さん。
反対の胸は変わらず揉まれている。
チュ、チュ、と啄むようにされるキスにドキドキしてしまう。
食い入るように見ていると、お兄さんがこちらに気づく。
「ああ、服もってるだけじゃあ暇だよね。じゃあ、自分が何されてるか、実況でもしてよ」
「え…ええ!」
「ほら、これは命令。ん、チュ」
素直に聞くしかない私は涙目になりつつも
実況をしていく
「ぇ、えと…お、兄さんに、む、むむ胸を、」
「ん、胸じゃ、チュ、なくて。おっぱいって、言って。」

「お、お兄さんに、お、お、おっぱ…ぃを揉まれて、キスされて、ます」
「ん、あと、君がされてることに対して、ん、どう感じてるか…チュ、も教えて」
「は、はい…と、とてもドキドキして、そ、その…
身体が熱くて、とても、恥ずかしいで、す…ひぁっ!」
胸…おっぱいにキスされながら実況していたら今度はおっぱいの先端を口にいれられる。
その感触にビクッとしたが、お兄さんに目で実況の続きを促された。
「ん、お、おっぱいの先端を口に含まれて、」
「ん、チュ、ちくび」
「あ、ち、…ちく、んぁっ、ち、くびが、おにい…さんにぃ、ペロペロ、
んっされて、ます」
「んチュ、チュパ、チュパ…」
「ひぅっ…ちくびが、あつい、です。ん、ゾクゾク、はぁ、します」
乳首をなめまわす舌と、おっぱいを揉む手に、だんだん敏感になってくる。
それと共に頭がボーッとして、背中がのけぞり、口がだらしなく開いてるのがわかる。
「チュル、チュパ、…ん、そろそろいいかな。ほら今度はこっち持ってて」
「んはぁ…、は、い」
なめるのをやめたお兄さんはおっぱいから手を離し、スカートをまくって私に持たせた。
パンツが丸見えで、恥ずかしい。
しかも電車の時に完全になおせなかったのか、不格好だ。
お兄さんはそのパンツに両手を伸ばして触ると、そのまま下におろした。
足首までおろされたので、足をもちあげるとスルリと通された。
これで覆うものがなくなったソコを、まじまじと見られる。
「あ、あの…ふぁああっ!」
かと思えば、そのままアソコにキスをされる。
そして舌がアソコを丹念に舐めてくる。

手でされた時より何倍も刺激があるそれに、意識が集中する。
それと同時に、なんてとこを舐めているのかと恥ずかしくなる。
「あっ、やっ、そんなとこ、きたないぃっんあっ」
「ん、ほら、実況忘れてる、」
必至に抗議するも、くぐもった声でそう返されて命令を聞くしかないのだとわかった。
「はっ、はい。んっわ、わたしのっ、ああっ、アソコにぃ!お、おにいさんの舌が、
入って!んん!きて、んあ!」
チュル、チュル、ジュル、チュル
「吸われちゃっ、て!すごいの!ああっ、ん!!」
表面を舐めたかと思えば吸われ、舌をいれられたら吸われ、吸うのをやめたかと思えば
舌を抜き差しされる。
はしたない音がトイレのなかに響き渡る。
それより大きく私の声がこだまする。
熱くなった頭では何も考えられない。
されてることを言うしかないただの人形になったみたいだ。
それでも私のアソコは熱をもち、その熱は思考を溶かしていく。
チュル、ジュルジュルジュル
「ああんっ!すごい!んあ!すごいよぉ!あっあっ」
「あっあっ、あん!ふぁああん!ひっん!んん!」
「あ、あ、あっ、あん、あんっあっあっあっ」
舌の猛攻にたえきれず、がくがくと足が震える。
甘い刺激にお腹の下の方がキュンキュンする。
「また、きちゃうよぉ!あ!あんっ、クるのぉ!」
ジュルジュルジュルルジュル
「あん、あっぁっぁっ、ああっあっあっっあああ」
「ひ、ぃく、あっ!あんっ!イくよぉ!はん!イっちゃうのぉ!!」
「あっあっあっあ、ひ…ん、あああああアア!!」
ビクッビクンッ
「あ、ああ…はぁ」
一際大きく揺れた身体。
そして抜ける力。
崩れ落ちようとしたその身体を目の前のお兄さんが支える。
ぼんやりとしたままでいると、どうやら便器のとこまで運ばれる。

お兄さんは私を抱っこするとそのまま便器に座る。
私はお兄さんの膝の上に、足を広げて乗らされた。
「さて、本当はあそこで四つん這いになってもらおうと思ってたんだけどね。
無理そうだから別の方法をとろう」
するとお兄さんは、ズボンのファスナーをおろし、その中身を外にとりだした。
そそりたつそれに目が釘付けになる。
「…っ」
「これを、君の中にいれるんだ。…君が」
「えっ」
「君の中に、僕のおちんちんを、君が、いれる」
「そ、そんな…」
「今更だろう?もう一回はしてるんだから。ほら、実況しながらいれてよ。
私のおまんこに、お兄さんのおちんちんはいってきますって」
「ぅう…」
躊躇いながらも、のそのそと腰を浮かす。
そしてビンビンにたってるお兄さんのそれに、私のアソコを合わせるように腰をおとす。
ズ、ズッ
入り口にのめり込むようにはいってくるそれ。
自分の体重で私のアソコはお兄さんのを飲み込んでいく。
「あ、あ…っ、わ、私のおまんこに、んん、お兄さんの、おちん、ちんがはいって、
ふうう、きますぅ」
ズズズッ
「ひゃああんっ…」

さきっぽがはいると、一気に腰が落ち、大きな声をあげてしまう。
これで奥まで入ってしまった
「ん、…よしよし、じゃあ、自分で動いてみて」
「えっ」
また、とんでもないことを言われた。
自分でいれるのも恥ずかしいのに、自分で動くなんて…
そういう思いを込めてみつめてみるが「これも命令。だけどそうだね、後押ししてあげる」
そう言うやいなや、お兄さんは私のおっぱいを両手で包み込む。
今度は先程と逆で、右側を揉み、左の方をチュパチュパと舐めはじめた。
「あ、そ、そん、んんっな…ん…ふぅっ」
チュパチュパ、レロレロ
「ん、ふぅん…はぁ、はぁ、んあ…」
身をよじっても、腰を掴まれ、アソコが繋がっているために逃れられない。
むしろ、動けば動くほどアソコが疼く。
おっぱいも舐められて、また息が荒くなってきた。
「ん、ああ、はぁ…いゃ、あん」
「ほら、腰が動いてるよ」
「え?、ふぁあん、そ、んなぁ、んん!」
ハッとして下をみると、確かに動いていた。
とめようと思うと下から突き上げられ、また刺激を求めてしまう。
「気持ちいいんでしょ?もっと気持ちよくなりたいんじゃないの?」
「あ、んん!そんな…ああっ」
「別に気持ちよくなりたいって思うのは恥ずかしいことじゃないよ。
身体が求めてるんだから、当たり前のことだよ」
「んん、ふぁ…あたり、まえ?」
「そう、当たり前。だから気持ちよくなっていいんだよ」
気持ちよくなるのは恥ずかしくない。
そう言われて、自分のなかで何か変わった。

私は本当は恥ずかしいことをされて気持ちよくなってた。
でも自分を恥じた。
痴漢にこんなことされて気持ちいいなんて、気持ちよくなりたいと思うなんておかしい、
とでも気持ちよくなるのは当たり前だって言われた。
すると、今まで抑えてたものが溢れてきた。
「あ!あ、ほ、んと?ん、おかしくない?っ」
「うん」
「あ、ああ、なら、あんっ、気持ちよくなる!んん!」
そう言ったあと、私は激しく腰を動かした。
もっと気持ちよくなる場所を探して、そこにお兄さんのものをあてるように
何度も何度も
「あんっ、あっん、はぁんっ!あん!きもちいいよ!おにいさん!あんっ」
「ん、気持ち、いいね」
「あ、おくにっ奥にあたると、きもちいいよぉっはぁんっ」
ズッポズッポと電車でされたように奥に打ち付ける。
でも自分だとちゃんとあたらずもどかしい。
「あんっ、おにいさん!もっと、もっと、奥にあてたい!ん!」
「僕の、おちんちん欲しいの?…っ」
「うんっ、欲しいの!ほしいのぉっ!」
「じゃあ、とびっきり、エッチにおねだりしてみて…ん、君ならできるでしょ」
「ふぁっ、わ、たしのグジュグジュのおまっんこにっ、おにいさんの、あんっあつい、
おちんちんをおくにっいれて、ズポズポしてぇ!」
「よくできました…っ」

お兄さんに腰を掴まれて持ち上げられた。
そのままくるりと反転させられ、今度はわたしが便器のうえにのる。
するとお兄さんが今までで一番激しく腰を打ち付けてきた。
ぱんっぱんっぱんっ
「あ、ああっん、すごいぃ!おく、おくにきてるのぉ!はあんっ」
「気持ちいい?」
「んあっきもち、いい、よ!おにい、さん!んんん!」
待ちかねた刺激に恍惚とする。
気持ちよさをもとめ、足がお兄さんの腰に絡み付く。
腕は首にまわし、まるで恋人のようだ
「はあんっ、ハッはっ、、んん!ああっジュポジュポきもちい!」
「おちんちん!いいよぉ!あんっおにいさんの、おちんちんっすきぃ!」
「あっあっ、ふぁっん!もっと、もっとぉ!おまんこキュンキュンするのぉっっ」
お兄さんのおちんちんを気に入ったのか、わたしのアソコはぎゅうぎゅうと
お兄さんのを離さない。
動くたびにきゅぅきゅうする下腹部に酔いしれる。

そして、またあの感覚がきた。
「んっんっ、ああっまたっくる!きちゃう!ああんっ」
「っく、…イっちゃう?」
「ん、そう!また!あっあっ、イ、イっちゃ、うよぉ!」
「なら、一緒にイこう…んっ」
「あっあっ、あっあっ、あああああ!!イく!イくよぅ!ああ!」
より激しくなった動きに気持ちよさが頂点に達する。
「ふあ、あ、あっあっあああ!っ…く、イくぅううううう!!」
「…っく」
「あ、あああああーーーー!」
ビクンッビクンッ
震える身体と、お兄さんのおちんちん
「んはぁっ、はぁ…ドクドクしてる」
「はぁ、はぁ、また、中にだしたから」
「あったかくて…きもちい」
広がる熱に、余韻を感じているとお兄さんがおちんちんを引き抜いた。
「あう…」
「気持ちよかった?」
そう聞かれ、今度は答える。
「すごい、気持ちよかった」
「だから、…もう一回しよ?」
そう言って、お兄さんのそれに、手をのばした。

※今すぐ抜ける超高画質エロ動画なら・・・
極エロ動画はこちら
無修正で見るならこちら

アダルトの老舗サイトが3つ同時にリニューアルしました!

サンプル

http://jyukujyodouga.info/h4610 http://jyukujyodouga.info/h0930 http://jyukujyodouga.info/c0930 ご要望が多かったストリーミングも全作品対応となり、ダウンロード制限も気にせず、観たいときにすぐ視聴できるようになりました。 また、3つのサイトのうちどれか1サイトに入会すると、2サイト目購入時に入会割引を受けられる特典が付いています。
エッチな4610ってどんなサイト?
エッチな0930ってどんなサイト?
人妻斬りってどんなサイト?

D2Pass新作アダルト見放題プラン

D2Passに加盟している月額動画12サイトの新作が、配信された日から7日間ストリーミングにて
閲覧できるサービスです。
詳細はこちら

【カリビアンコムプレミアム】人気エロアニメ大放出!


カリビアンコムプレミアムでエロアニメ大放出!Hentai Anime Festival~萌え萌えアニメ祭り~ 2次元アイドル大集合!一挙に20作品を配信します!
作品はこちら

アダルトライブチャットDXLIVEからのお知らせ


あなたのタイプの女性とライブチャットでエロくて楽しい時間を過ごしませんか? 今なら無料体験実施中! 俺のチャット術詳細>>

おすすめ出会い系サイト

出会いはPCMAXから

会員数は500万人と桁違いの会員数なので、これで会えないなんて事はあまりにも 確率が低すぎます。 着実に会員のハートを掴んでいるカリスマ的なサイトでサイトの使い勝手も良くサクラを使う出会えない系詐欺サイトとは違って優良な出会い系サイトです。
PCMAXの評価、評判、口コミ、体験、レビュー

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

24時間内の人気記事(閲覧数)