1. ホーム
  2. 官能小説
  3. ≫黒人

黒人

黒い巨根が大好きな若奥様 後編

ジェームスはまた、黒魔羅を締め付ける膣襞を楽しんだ。 女の体温が男根に染み込んでくるようだった。 紗由理は歯を食いしばり、目をぎゅっとつぶって、しばらく息も止まっていた。 が、やがて大きく喘ぎ、目を見開くと、酸素を求めて …

黒い巨根が大好きな若奥様 前編

青果市場に彼女が気になっている黒人が働いていた。 都会で外国人はよく見かけるが、青果市場でそれも黒人が働いている光景は珍しく 彼女は妙にその黒い肌の男に目がいった。 筋肉質で上半身はTシャツがパンパンとなっていて、対照的 …