1. ホーム
  2. 官能小説
  3. 強姦
  4. ≫レイプ願望がある妻 実は5人以上の男に抱かれていた(博勝 ♂化学メーカー勤務 38歳)

レイプ願望がある妻 実は5人以上の男に抱かれていた(博勝 ♂化学メーカー勤務 38歳)


前に新宿を妻と息子と歩ってたときに綺麗な女に人に声かけられた。
最初は日常生活に満足してるかとか言ってたから宗教かと思ったけどそうじゃなかった。
話がだんだん性の話になってきて最終的にはレイプに興味ありますか?って話に
なってたようするにレイプの会みたいなのに入らないかってことだったんだ。
レイプ願望がある女性ってのもいるかもしれないけど実際には女性が圧倒的に
不足してて夫婦で会員になれば会員費無料って誘われた。
妻は速攻拒否するかと思ったんだけど終始無言だったんで、しばらく女の話を聞いてから
息子も一緒だったから、とりあえず連絡先の交換だけして帰った。
その後家族で買い物したんだけど妻はずっと無口だった。
1時間くらいした後、携帯が鳴って出たらさっきの女の人だった。
そのときはまだ家族で買い物の途中だし息子もいたから「また今度にしてください」と
だけ言って電話を切った。
そしたら口数の少なかった妻が「さっきの人?」って聞いてきたから「ああ」と言ったら
「そう」とだけつぶやいた。
このときの妻の様子から妻がさっきの女性の話をずっと気に留めていたことがわかった。
で、その日の夜に妻に聞いてみたらやはりレイプに興味があるとのこと。
普段ノーマルなセックスだけだった俺は妻のこと何もわかってなかったと思った。
妻を他の男に抱かせるのは抵抗あったけど、夫婦で入ると会員費無料の言葉に負けた。
それにレイプ云々よりもただで女とヤレるという誘惑が大きかった。
今考えると声をかけてきたのが美人でいい女というのは向こうの作戦だったと思う。

結局、その日のうちに女性に連絡をとったよ。もちろん非通知&仮名でね。
その日は妻も俺も興奮がおさまらなくて夜遅くまでセックスしたよ。
で、翌週末に妻とともに新宿に面会にいった。
来たのは声をかけてきた女性だった。
しかもかなりセクシーな服。あからさまな作戦だった。
で、名刺をもらって説明を受ける。
内容はおよそ以下のとおり
①あらかじめ希望する相手の条件とプレイのNG項目を記入
②男女でお互いにマッチする相手をコーディネーターが選んで会員に打診
③男女双方からOKがでれば再度連絡がくる
④あとは場所と日時を指定するのでその後は自由行動
で、契約書にサイン。
「会員同士でトラブルがあっても一切責任を取らない」との文言もあったが実際には
トラブルなんてほとんどありませんからと言われて妻とともにサインした。
妻の面接時間が長かったから帰り道に何を言われたのか聞いたら
「今日これからどうですか?」と言われたらしい。
しかも家に帰ってからも妻の携帯に2度も電話がかかってきた。
ちなみに俺には全くかかってこなかった。
結局俺にかかってきたのは2週間後だったよ
次の日会社から帰ってくると妻がいなかった。。
携帯に電話したけどつながらない。
結局妻が帰ってきたのは夜の10時くらい。
妻に何してたのか聞いたけどなかなか言わない 。

怒らないから正直に言ってごらんと言ったらようやく口を開いた 「今日レイプされたの」
相当あせった。
「なんで俺に言わなかったんだ」
「ごめんなさい」 「で、どこで?誰に?」
「新宿の山手線のホームを指定されたからそこに行ったらすぐに知らない男の人達に
手をつかまれて引っ張って行かれたの」
「人達?」 「うん、4人だった、みんな40~50歳くらいの人」
「お前、こないだの面接で書いた紙にどんな条件を指定したんだ?」
「ほとんど何も指定しなかったよ」
「は?何考えてんだよ、じゃあ中出しもか?」「うん」
「お前今日中出しされたのか?」 「うん」
もうわかると思うけど結局女を喰いものにして金を稼いでるんだよね。
まあ当然だけど俺のところになんてほとんど電話かかってこなかったよ。
ただで会員になった男なんて一銭の価値もないからね。
所詮妻を引き込むための道具として利用されただけ。
俺も自分の欲望で会員になった手前、妻に文句を言うわけにもいかず泣き寝入り。
業者の名前はピュア○、まあ2週間後に連絡きたから完全な悪質業者とはいわないけど、
いや、でもあれは妻を引き留めておくために俺に与えられた慰めみたいなものだった気が
するな。
実際その後も妻はレイプされていたみたいで夜遅くになることが二度ほどあった。
俺は「子供がいるんだから夜は家にいてくれ」というのが精いっぱいそれから子供がいる
時間は家にいたから俺は何もいうことができなくなった。
コーディネーターに妻への中出しだけは勘弁してくれと頼んだが妻の意思でありそれは
できないと断られた。
その頃俺と妻は次の子作りの最中だったけどそれもやめざるをえなくなった。
そもそもの原因は俺にあったからどうしようもなかった。

妻がレイプされた次の日からも妻のほうへは頻繁に連絡があった。
俺のほうには一向に連絡がこなかったから日がたつとともに利用されてる感が
こみあげてきて1週間後にコーディネーターに連絡をいれた。
すると現在お相手を探しているところですとのこと。
その日はしぶしぶ電話を切ったが結局向こうから連絡があったのはさらに1週間後だった。
コーディネーターからお相手が見つかりましたと連絡がきて詐欺じゃなかったとこのとき
は正直安心したが俺はレイプなんてしたことなかったから急に不安感が襲ってきた。
だがコーディネーターは、大丈夫です。
とりあえず指定された場所に行ってくださいとのこと で、不安と興奮のいりまじった
複雑な気持ちで指定された場所(池袋駅山手線ホーム)に
行ってみるとコーディネーターが言っていたとおりの服装をした女が立っていた。
清楚な雰囲気の美人だった、今考えるとこれは業者の罠だったと思う。
結局この日がすべてだった気がする。
俺はどうすればいいかわからなかったからとりあえず「すみません」と声をかけた。
すると「あっ○○さんですか?今日はよろしくお願いいたします」と挨拶してきた。
もはやレイプでもなんでもない。
妻はホームに立っているところを無言で引っ張っていかれたらしいがはっきりいって
俺には無理。
そもそも人違いだったらどうするのか、まあレイプ願望があったのは妻のほうで
俺は妻以外の女とヤレるというのが会員になった理由だったからレイプ云々は
どうでもよかった。
その後俺はその女性と食事に行き西武百貨店ですこし買い物をした。
俺はどうしてあの業者に入会したのか聞いてみたが業者からプライバシーに関わることは
話してはいけないと言われたらしく教えてくれなかった。
歳は29歳、体型はやせ気味だったがムチムチ型の妻とはまた違う魅力があった。

俺はなかなか「ホテルに行こう」と言い出せずにいたのだが女性のほうから
「どこかでやすみませんか?」と言ってくれた。
レイプどころか完全に和姦。
ホテルに行く途中いまさらながらに妻に対する罪悪感が芽生えたが妻は妻で俺にことわり
もなく中出しレイプされてきたので罪悪感は無理やり押し殺した。
その後俺たちは駅近くのホテルで4時間たっぷりセックスをした。
スタイルは妻の方がいいがやはり初対面の女性といきなりセックスするというのは
ものすごく興奮する。
結婚して浮気とかしたことなかったからなおさらだった。
一応レイプだからということで避妊具はつけなかった。
正常位、バック、騎乗位、いろんな体位でセックスしまくった。
生でのセックスは本当に気持ちよかった。妻をレイプした男達も同じように快楽を
味わったのだろうか。
あまりの興奮のなかで半分正気を失ってる時に「中で出してください」といわれた。
俺は快感に包まれ中に出した。
この後のことなどまるで考える余裕はなかった。
ホテルを出て帰り道、俺はおもわず女性に「また会いたいですね」と言った。
正直中出しまでさせてくれた女性を手放したくなかった。
男としての本能だった。
女性はそっと電話番号を教えてくれた。
その後池袋駅で女性を見送り俺も帰途についた。
幸せな一日だった。この瞬間までは。
自宅についたのは夜遅くだった。
妻は子供と一緒に寝ていると思ったがリビングでまだ起きていた。
「ごめん遅くなって」 「うん・・・」
妻の様子が何かおかしい。

嫌な予感がした。
「どうした?」 「うん・・・、さっきコーディネーターの人から電話があったの、
旦那さんに伝えてほしいって」
「なんて言ってたの?」「女性にね、連絡先を聞くのは規則違反だって、とにかく女性の
連絡先は廃棄してほしいって」
俺は血の気が引いた。
たしかに契約書に連絡先の交換はしてはいけない旨の記載はあった。
だが連絡先を教えてくれたのは彼女のほうだ。そう思いはしたもののまた会いたいと
言ったのは俺のほうであり言い逃れはできない。
俺は中出しさせてくれた女性に対して親近感を抱き信用してしまっていた。
俺が甘かった。
確信はないがおそらくあの女性は業者が用意したサクラみたいなものだったと思う。
でなければ連絡先を交換したことを業者側に伝える理由がない。
それに彼女は俺の名前を最初から知っていた。
そもそも本人に連絡がなく妻に連絡がくるなんて絶対におかしい。
軽率な行動をとってしまった自分にこのときは本当に後悔した。
連絡先の交換というのはもはやレイプではなく不倫への第一歩だ。
妻が経験した快楽のみを目的としたレイプとはわけが違う。
妻が中出しされてきたことを俺は怒ったが妻はすべて受け身の立場だ。
業者側から連絡があり、言われるままに指定場所へ向かい、男達に連れていかれたあげく
中出しレイプされたのだ。
一方俺は自分から業者に電話をかけて女性と会う機会をセッティングしてもらい中出し
したあげく連絡先の交換までしたのだ。
要するに妻はすべてが「された」であり、俺はすべてが「した」なのだ。
妻が業者からどこまで話をきいているかわからなかったが、スケベな男達が妻をレイプ
するのを止める権利はもはや俺にはなかった。

あまり細かいことは書けないけどスペックざっとこんな感じ
【家族構成(5年前当時)】
俺33歳  化学メーカー(環境管理部門)勤務
妻29歳  専業主婦 スタイルがよく胸が大きい 息子5歳と保育園児
翌日仕事から帰ってくると妻は家におらず子供は妻の姉のところに預けられていた。
結局妻が帰ってきたのは日付がかわってからだった。
前日のこともあってこの日はさすがに妻を問い詰めることができなかったが、
その2日後も同じように深夜に帰宅してきたので
「頼むから子供のために夜は家にいてくれ」とお願いした。
だがそれ以上のことは何も言うことはできなかった。
妻が男達の肉欲を満たすために体をむさぼられているのは明らかなのに俺には
どうすることもできなかった。
ともかく翌日からは子供がいる時間は必ず家にいるようになってたからレイプについて
妻と話すことはもうなくなった。
表面上はいつもどおりの生活にもどっていた。
夜、息子と妻と三人で過ごす時間がすべてを忘れられる瞬間だった。
それでも息子をあやしている妻の体内に妻の体をむさぼった男達の精子がうごめいてる
かもしれないという妄想に苦しめられることもしばしばあった。
そしておそらくそれは妄想ではなく事実だったと思う。
だいぶあとになってわかることなのだが妻はこの時期一度妊娠している。
毎日毎日男達に中出しされれば妊娠するのはあたりまえだ。もちろん俺も妻の妊娠の
危険性はずっと考えていたのでピルの服用を勧めようと思いはした。
だがそれをしてしまうと中出しレイプは俺の公認となってしまう。
そもそも俺自身に負い目があったのでこの話題については一切触れていなかった。
それに妻だって妊娠はしたくないであろうからピルを服用しているに違いない、と必死で
思い込もうとしていた。俺の行動はすべて裏目に出ていた。
妻がレイプされるようになってから俺は妻とセックスするときには必ず避妊具を
つけるようにしていた。

万が一妻が妊娠したときに俺の子供の可能性があると堕ろせないからだ。
それにこの頃俺達は息子の子育てが一段落し、そろそろ次の子をと子作りをしている
最中だったから、妻に対して ”他人に中出しされている間は子作りできないよ” との
抗議の意味合いもあった。
だが結局妻はレイプした男の子供を妊娠しており、俺の知らないところで堕胎していた。
俺が業者にコーディネートしてもらった女性とセックスして以降、俺の携帯はもちろん
妻の携帯にも電話は来なくなった。
だがこれは俺が家にいる時間帯にかかってこないだけのことで妻への接触がなくなった
わけではなかった。
その後も妻がレイプされ続けていることを俺は否応なく思い知らされた。
まず平日妻はかならずと言っていいほど子供と先に風呂に入ってしまいセックスも
100%断られるようになった。
そして妻の体に残された男達によるレイプの爪痕、体のあちこちにできた痣、特に手首の
痣が目立つようになり息子が心配するようになった。
もしかしたら妻が罪悪感を感じてやめてくれるんじゃないかとも思った。
しかしレイプの痕跡がなくなることはなかった。
こんな日々が続く中、一番辛いのは会社にいるときだった。
俺が家族を養うために仕事をしているこの瞬間も俺の知らないところで妻が肉体を貪られ
中出しされているかと思うとやりきれなかった。
とにかく仕事に集中して変なことを考えないように努めた。
しかし気が付くと妻のことを考えている。妻の裸が頭に浮かんでしまう。
ホテルの中で男達に散々レイプされている様子を想像してしまう。
毎日レイプされているなんてありえないと思うのだがどうしても頭に浮かんでしまう。
和姦の後で連絡先を交換するのがルール違反で女を集団でレイプする犯罪行為がなぜ
許されるのかと悔しさばかりがこみあげてきた。
だが俺の想像していた状況とかけはなれているだけのことで業者側は何も嘘を
ついていない。

契約時にもきちんと説明を受けている。
男と女が出会ってからは自由行動であり業者側は一切責任を負わないと。
業者はレイプ願望のある女とそれをレイプしたい男が出会う機会をコーディネート
しているだけだ。
結局元の生活にもどりたいなら妻とともに退会するしかなかった。
もっとも業者側が妻の退会に素直に応じてくれるか疑問だが仮に応じないようであれば
今度こそ法に守ってもらうことができるはず。
だが妻自身に退会の意思がなければどうしようもない。
俺が説得すればいいだけの話だがそれができない。
俺自身が女性を紹介してもらい欲望を満たした手前妻に退会しろなどと偉そうなことを
言えるわけがなかった。
妻が最初の妊娠をしていた頃こんなことを考える日が毎日毎日続いた。
出る結論はいつも同じなのだがそれでも苦悩する日々がずっと続いた。
地獄のような毎日だった。
結局この苦悩から解放されるには時の経過を待つしかなかった。
ただ現状を受け入れて妻がレイプされている日常に慣れるしかなかった
業者の考えた手口は悔しいが本当によくできてると思う。
街中を家族連れで歩く既婚女性に狙いを定めまず夫に声をかける。
女性による勧誘で安心感を与え、話を徐々に徐々にレイプの方向へもっていく。
女性に脈があると思えば後は夫婦で入会すれば会員費無料の誘い文句でまずは夫を
口説き落とす。
夫婦で会員になった後は夫に餌を与えて既成事実を作り妻への関与を排除する。
あとはレイプ願望のある男達に妻をレイプさせて大金を稼ぐ。
もっとも男性会員が大金を払っているというのはあくまで俺の推測で証拠はない。
だが業者側だってこんなことをボランティアでやっているわけがない。
それに素人の人妻を合法的にレイプできるとしたら大金を払う男はごまんといるはずだ。
法的に問題がなければ需要を満たす業者が現れるのは当たり前、ただ倫理的に問題が
あるから表だって営業しないだけの話。
おそらく俺が入会した業者はまだ良心的なほうでもっと悪質な業者もあると思う。

自分の妄想に耐えられなくなった俺は、ある日会社に有給をとって妻の行動を監視した。
妻がレイプされていることはわかっていたが、もしこの日妻がレイプされなければ
仕事中に抱く妄想から少しは解放されるかもしれないと思ったからだ。
正直女々しいとおもった、情けなかった。
だがそんなことを言っている余裕などなかった。
毎日毎日レイプされているというのは俺の妄想にすぎないことを確認して少しでも
楽になりたかった。
俺は普段どおり7時過ぎに家(マンション)を出て近くの駐車場で時間をつぶした。
正直かなり罪悪感があった、怖かった。
およそ30分後、妻が息子を連れて家をでてきた。
マンションの近くで保育園の送迎バスに息子を乗せ自宅に戻っていった。
緊張して見守りつつもここまでは何事もない平穏な日常で少しホッとした。
8時過ぎに妻がマンションから出てきた。服は外出用に着替えていた。
俺は急に不安になり息苦しくなった。距離を置いて妻の後を追った。
妻は最寄りの駅から電車に乗り池袋駅で山手線に乗り替えその後新宿駅でおりた。
妻が最初にレイプされた場所だ。
きっとこの後妻はレイプされる。
それを確認してしまったら明日からさらに苦しい日々が待っている。
引き返そう、そうすればまた明日から頑張れる、途中で何度もそう思った。
だがふんぎりがつかないまま妻の姿を追った。
本当に不安で仕方なかった。

駅に着いたとき以前と同じようにホームで待ち合わせかと身構えたが妻は南口に
向かって歩き出した。
もしかしたら買い物かもしれないと淡い期待もした。
だが改札を出てすぐ外に立っていた男がいきなり妻の後を追いだした。
男は40代くらいでやや太っていた 。
俺は気が動転した。
もう俺の妄想が現実となるのは時間の問題だった。
“ヤラれる”と思った。
妻が階段を歩いている最中に男は速足で妻に追いつき妻の腕をつかんだ。
ものすごいショックだった。
男は妻をやや強引に引っ張っていき近くの駐車場に止めてあったワゴン車の後部座席に
妻を押し込んだ。
レイプの場所はホテルではなかった。
俺は気が動転してしまい携帯を取り出して車のナンバーを覚えたがそれは何の意味も
ない行為だった。
ワゴンは妻を乗せてからも走り去る気配はなかった。
今ワゴン車の中で妻がレイプされている、確実にレイプされている。
そう思うと気が気ではなかったが俺にはどうすることもできなかった。
妻がワゴン車に乗せられて1時間くらいたったとき、運転席と助手席から男が降りてきた。
すると後部座席からさきほどの男ともう一人の男が降りてきて入れ替わるように
車に乗った。
みんな中年のオヤジだった。

その後、男達は数回席を替わった。
俺が仕事中に妄想していたことよりも現実は残酷だった。
俺は精神的ショックで立っているのがやっとだった。
およそ3時間後、車の中から妻だけが降りてきた。
髪は少しみだれ若干疲れているようにも見えたが足取りはしっかりしていた。
車は妻を下ろしたあとすぐに去っていった。
妻は南口改札のほうへ戻っていったのだが改札付近で今度は別の男に手をつかまれて
東口のほうへ引っ張って行かれた。
俺はもう妻を追わなかった。
俺は池袋のネットカフェですこし気持ちを落ち着かせてからいつもの時間に家に帰った。
妻はすでに帰宅していて子供と一緒に遊んでいた。いつもの妻だった。
俺にとってはトラウマになる一日だったが妻にとってこれは日常のことだということが
わかった。
このときは考える余裕はなかったのだがこの業者に入会している男女比は相当バランスが
悪いと思う。
女性会員の何十倍も男性会員がいるにちがいない。
当たり前といえば当たり前だが業者側は利益をあげるために可能な限り妻と男を
会わせているのだと思う。
少なくとも俺が妻を監視した日に妻は5人以上の男に抱かれているわけでレイプの頻度は
毎日とかいうレベルではないことがわかった。
いったい一日に何人の男にレイプされているのか。
妻自身にレイプ願望があるといってもこれほどの頻度なのは業者側から
依頼されているからだと思う。
妻は優しい性格だから依頼されたら断れないのかもしれない。
痣ができるのも妊娠するのも当然だった。

※画像はイメージです。本編とは関係ございません。

※今すぐ抜ける超高画質エロ動画なら・・・
極エロ動画はこちら
無修正で見るならこちら

アダルトの老舗サイトが3つ同時にリニューアルしました!

サンプル

https://jyukujyodouga.info/h4610https://jyukujyodouga.info/h0930https://jyukujyodouga.info/c0930 ご要望が多かったストリーミングも全作品対応となり、ダウンロード制限も気にせず、観たいときにすぐ視聴できるようになりました。 また、3つのサイトのうちどれか1サイトに入会すると、2サイト目購入時に入会割引を受けられる特典が付いています。
エッチな4610ってどんなサイト?
エッチな0930ってどんなサイト?
人妻斬りってどんなサイト?

D2Pass新作アダルト見放題プラン

D2Passに加盟している月額動画12サイトの新作が、配信された日から7日間ストリーミングにて
閲覧できるサービスです。
詳細はこちら

【カリビアンコムプレミアム】人気エロアニメ大放出!


カリビアンコムプレミアムでエロアニメ大放出!Hentai Anime Festival~萌え萌えアニメ祭り~ 2次元アイドル大集合!一挙に20作品を配信します!
作品はこちら

アダルトライブチャットDXLIVEからのお知らせ

おすすめ出会い系サイト

出会いはPCMAXから

会員数は500万人と桁違いの会員数なので、これで会えないなんて事はあまりにも
確率が低すぎます。着実に会員のハートを掴んでいるカリスマ的なサイトでサイトの使い勝手も
良くサクラを使う出会えない系詐欺サイトとは違って優良な出会い系サイトです。
PCMAXの評価、評判、口コミ、体験、レビュー

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

24時間内の人気記事(閲覧数)