1. ホーム
  2. 官能小説
  3. 痴漢
  4. ≫意思とは関係なく痴漢の愛撫に敏感に反応(和美 ♀女子高生 17歳)

意思とは関係なく痴漢の愛撫に敏感に反応(和美 ♀女子高生 17歳)


朝。
眩しい陽光が溢れ返り、草木の先に下りた朝露が虹色の輝きを放っていた。
今が試験中じゃなかったら、この景色ももっときれいに見えたんだろうな。
英単語帳を片手に電車を待つ和美は、小さな溜息をつく。
それにあわせて、軽く茶髪にした肩まである髪が揺れ、白い横顔にふわりとかかる。
裾を全部出したゆとりのある白いブラウス、胸元には光沢がある青い大き目のリボン。
長さがギリギリのミニスカート。
紺とダークグリーンのチェックのスカートからすらりと伸びた足は、小柄な割に
長く見える。
きゅっと上がった肉付きの良いヒップライン、足元の黒いハイソックスもその細さを
強調しているようであったが、ふくらはぎから太股にかけて描かれた曲線は、年頃の
少女の肌の張りを輝きに変え、ふっくらとした脂肪がついているであろうことは
目に明らかだ。
薄いブラウスは和美の胸に実ったたわわな果実を隠すのに、あまりにも
頼りないほどである。
まさにはちきれんばかりに、彼女の隆起は激しかった。
黒い大きな瞳が幼い印象の、可愛らしい顔とはアンバランスなその「女」を匂わせる
体つきは、側を通る若者やビジネスマンの目を惹きつけてやまない。
だが、当の和美はと言えば、手にした単語帳から目を離せないでいるようだ。
まわりからの視線も、まるで意に介していない。
どうやら今日の午前中に行われる英語の定期試験のことで頭がいっぱい。
それもそのはずで、この科目さえ終われば試験休みと言う、楽しい時間が
待っているからだ。

ギャル風の制服の着こなしとは裏腹に、和美は至って生真面目な高校2年生である。
この試験休みには、和美が日ごろから気になっている男子と一緒に、プールに遊びに
行く計画があった。
その時を心から楽しむために、この英語の試験はいい点ですっきりと
終わらせたかったのだ。
大きな音と振動と共に、特急電車がホームに入ってくる。
ドアが開くと降りる客もそこそこに、都心方面を目指す客がどっと詰め掛ける。
和美もその例外ではなく、背後にいた大勢の男たちに奥へと押しやられる格好で、
電車の中へ詰め込まれた。
その勢いたるや、手に持った単語帳を落としてしまうかと思ったほどだ。
慌てて紙の小さな束を持ち直し、姿勢も直す。
車内に押し込まれた勢いのせいで、反対側のドアが人一人をはさんで間近に迫っていた。
周りが男性ばかりだったので、身長が160センチに満たない小柄な和美は、その中に
埋もれるような格好となっていまう。
『発車致します。おつかまりください』
アナウンスの直後、電車が大きく揺れて動き出す。
人の林がどどっと動き、和美は倒れそうになるのを辛うじて持ちこたえる。
(……え?)
その時、腰のあたりに変な感じがあった。
人の荷物にしては、妙に生暖かい。

電車がなおも動いても、和美の体が軽くずれても、ずっと同じ場所に
当たり続けているのだ。が、動きはしない。きっと誰かの荷物だろう。
そう思うことにして、和美は再び英単語帳に集中し始めた。
この特急は、あと20分くらいは終点まで止まらないはずだ。
頭に単語を詰め込むには、丁度いい時間なのである。
ところが、1分ほど経った頃であろうか。
腰…と言うか、スカートごしにお尻に当たっていた「もの」が動き出しす。
それは、お尻を触れるか触れないかぐらいの強さで這い回っている。
誰かの指の感触に間違いはない。
和美の背中に、ぞわっと嫌悪の鳥肌が立った。
(ぃや…痴漢!)
少女の体がびくっと硬直する。
しかしその手は一瞬動きを止めるが、また少しずつ動きを早め、指先でそろりそろりと
スカートの上からお尻を撫で始める。
相手の手を払おうにもこの混雑ではどうしようもない。
何より恐怖で体が言うことをきかなくなっていた。
顔を真っ赤にしてうつむく和美が抵抗しないとわかったのか、男の手が大胆さを増す。
手のひら全体をお尻に当て、円を描くように触り出してきた。
17歳の若いヒップが豊かな弾力で、男の手をぷりぷりと弾く。
それに興奮したらしい男は、更に不敵な行動に出る。
(あっ……!!)

和美は上げかけた声を慌てて飲み込んだ。
ごつい男の手の感触が、直に太股を襲う。
そのまま力がこめられ、その手は徐々にスカートをずり上げさせていく。
痴漢は完全に和美のスカートをめくり上げ、太股に直に触り始めたのである。
やめて、と声を上げたつもりの和美だったが、からからに乾いた唇からは
息が漏れただけで声は出なかった。
それほどに和美は怯え、震えていたのである。
汗をじっとりと滲ませたざらついた男の手が瑞々しい、すべすべした白い肌を這いまわる。
(ひゃっ…)
息を飲む。
背後から、前から、新たな男の手が和美の肢体へ伸ばされてきたのである。
片方の手が和美の腋の下を通って胸を後ろから両手で鷲づかみにする。
もう片方の手は和美の短いスカートの中へ前から潜り込んだ。
(んっ……)
つつ…と内股を前から指がなぞり、直後にべったりと手のひらが押し付けられる。
かと思うと、悲鳴を上げそうになるほどの強さで乳房が荒々しく揉みしだかれた。
(んぁ…はぁ…はぁ…や、やめて…くださいっ!!)
今や胸を二人、下半身を三人もの男の手が野獣のようにまさぐっていた。
(はぁ…はぁ…)
精一杯の力を振り絞って、下半身をまさぐる手を払おうとしても無駄だった。
力のある男にかなうはずもない。
逆に両手を掴まれてしまい、却って抵抗がままならない状態にされてしまう。
その間にも男たちの手は、和美の身体を好きなように弄んでいく。

上に下に乳房を絞り、真ん中に寄せ、持ち上げ、握りつぶす。
男はすぐにそれに飽きたのか、ブラウスのボタンを器用に片手で外し始めた。
慌てた和美は阻止しようと腕を上げようとするが、屈強な男に両手を掴まれている
せいで叶わない。
たちまち全てのボタンが外され、淡いピンクのブラジャーに包まれた胸が露になった。
(ちょ…やぁっ……)
フロントホックでレースやフリル、白いリボンがふんだんに使用された、お気に入りの
可愛いブラだった。
泣きそうな顔になって更に深く俯いた和美に余計に興奮したのか、すぐさま男の手が
ブラのホックを外しにかかる。
ぷるん、と音がしたかと錯覚するほどに勢いよく、和美の乳房が揺れてさらけ出された。
大きさはFカップはあるだろう、高校生らしからぬ巨乳である。
その真っ白な乳房目掛けて、男の手が三方から殺到した。
(うそ、増えてる……なんで……なんで?)
呆然と、大きな瞳が乳房を揉み、こねり、乳首を弾く様を映した。
(んっ…あぁっ…)
和美の周りを取り囲む7人の男たちは皆、共犯だったのだ。
一人の女に標的を絞り、集団で攻め立て、犯し尽くすのである。
和美はホームにいる時、この集団痴漢に目をつけられてしまったのだ。
「!!…ひぃっ!」
痴漢の一人が後ろから両の乳首を摘みあげ、こりこりと指先で転がされ、
和美の声が上がる。
しかし、それは痴漢の壁の向こうにいる乗客に届くことはなかった。

別の痴漢三人の手が、同時に和美の下半身を貪っている。
ブラとお揃いの可愛いレースのパンティは哀れなほどお尻に食い込ませられ、スカートは
完全に捲り上げられていた。
一人が両手でお尻をいやらしく揉みしだき、一人が股間を指でなぞり、もう一人が
パンティの横から中に手を入れている。
股間をなぞる指は、汗でむっと湿り女の匂いを発する割れ目に強引に押し入った。
(んっ…そこ…だめっ…)
そしてゆっくりゆっくりと前後に動かし、パンティに窪みを作っていく。
ついにその指が、クリトリスを探し当てた。
(あっ…やぁ…あん…)
こりっとした肉粒が刺激されると同時に膨らみ、痴漢の指にわずかな感触を与える。
すかさず男は小刻みにそこを擦り、刺激を与えて行く。
(んっ…あっ…あっ…)
まるで、電気ショックを与えられたかのような感覚が全身を貫く。
声にならない悲鳴をあげ、和美はのけぞった。
痴漢の一人の荒い息遣いが和美の耳元で、生暖かい風を作っている。
それが早くなるにつれて、パンティに突き立てられた指が同じように速いリズムを
刻んでいった。
ぴくっ、ぴくっと少女の細い肩が、刺激に合わせて震えている。
同時に、乳房を攻めている痴漢の一人が更に激しく揉み、固く勃起した乳首を
別々の手がこりこりと指で弾く。
(んっ…やぁ…あんっ…)
和美は自分の中から、ジワジワと何か熱いものが流れ出ているのに気がついた。
和美はいまどきの女子高生に珍しく処女だったが、自分を慰めたことぐらいはある。

それと同じ状態になっていることを自覚して愕然とした。
(どうして?私、嫌なのに…)
その時、一人の手がパンティの横に指を引っ掛ける。
薄い小さな布地をそのまま一気に引き下ろされる。
(ちょ…やめて…)
別の痴漢の手が強引に、直接陰部に達した。
(…っ…やぁ…あんっ…)
ぬるり、とした感触。
ごつい指が滑り、少女の割れ目の中へと潜った。
(あっ!…あああっ!)
まだ誰にも触らせたことがなかった場所。
そこを、見も知らぬ汚らしい男の指が蹂躙しようとしているのだ。
和美の頭は一気にパニックになった。
(いやぁぁ…そこっ…指…入れちゃ…だめぇ…!!)
暴れようとする意志と裏腹に、身体は全く言うことを聞いてくれなかった。
足から力が抜けかけ、手はますます震えて自由にならない。
興奮し切った男たち、特に股間を触っている男は、クリトリスを刺激しては
和美の蜜壷に指を入れることを続けている。
(あんっ…あっ…はぁ…はぁ…)
和美の足の間は、淫らな体液でぐちゃぐちゃになっていた。
愛液を指に絡めては割れ目を滑らすことを、痴漢は繰り返す。
くちゃ、くちゃといやらしい音が聞こえてしまうのではないかと思うほどだった。

痴漢にこんなことをされるなんて死ぬほど嫌なはずなのに、和美の足は震えて、
最早立っていることですら怪しいぐらいだった。
17歳の若さにはちきれんばかりの身体は、本人の意思とは関係なく、男の愛撫に敏感に
反応してしまう。
そんなことは年頃の和美にとっては顔から火が出るぐらい恥ずかしいし、同時に
屈辱でもあった。
がたん。
そのとき電車が大きく揺れ、和美の体から一瞬、男たちの手が離れた。
慌てて和美はその間をすり抜けて何とかパンティを引き上げ、ドアの方へ身を寄せる。
これで、少なくとも全方向から襲われることはなくなった。
和美はほっとしたが、これも計算された行動のうちだと思うであろう。
これは、最後の仕上げに至る前置きでしかなかったのだ。
電車がトンネルに入り、騒音が一層やかましくなった。
(っ!!…えっ…なっ…なにっ?)
ブラのホックを直そうとした瞬間、和美の体がふわっと浮いたかのようだった。
いや、正確には男たちの手が一斉に彼女の背中と脇にあてがわれ、
持ち上げられていたのだ。
次の刹那、細いが豊満な体はドアに押し付けられていた。
そしてまた次の瞬間、痴漢の一人が和美の真後ろから腰を抱え上げ、一人が足の間に
強引に足を割り込ませて股を開かせる。
痴漢は和美の目の前でしゃがみこむ。
そしてパンティを横にずらし舐め始めた。
生暖かい舌は、クリトリスの先端をチロチロ舐めている…
それは生まれて初めての経験だった。
認めたくは無いが最高に気持ちがいい。
(はぁ…いゃ…そんなとこ、舐めちゃ…だめぇ)

クリトリスの表皮とクリトリスの間を何度も行き来する
(んっ…やぁ…はぁ…はぁ…)
クリトリスの根元を押す様に…円を描く様に舐めクリトリスに吸い付く。
(うっ…くぅぅぅぅ…あぁぁぁ、そ、それ…お、おかしくなるぅぅぅ)
チューチューと吸われて仰け反る和美!
(はぁ、はぁ、ヤメて…あぁ…あぁぁっ…)
太ももの付け根の辺りをガッチリと押さえられ、そして…吸われながら…
クリトリスの先端を舐められる。
(も、もぅ、ダメっ。あぁぁ)
そう言った直後、更に強く吸われ…痛いぐらいに固くさせられた和美のクリトリスは…
限界だった。
(ぃぃくっ…ぃく…イク、いぃぃきたくなぃ。ダメ。あぁぁ、ダメ。イィィィクゥゥゥ)
イッた余韻に浸る間もなく、パンティに痴漢の指がかかり下ろされる。
痴漢は指を1本、膣口に入れる…狭いその中を撫でる様に触る。
(あぁ。そ、それっ…あぁ、あぁぁ…
全身を固くさせ、息も絶え絶えに悲痛な声を上げた。
(やめ…てっ…。あぁぁ、いゃっ。あぁぁぁ)
「ちょっ指入っちゃうぅ…ダメぇ…あっ入った。ダメダメぇ」
痴漢は指を激しく動かす。
(ダメぇ…あっあっあっ…いい…でもダメぇ…)
その瞬間だった。
シュッ、シュゥゥゥゥゥ…
なんと和美は潮を噴いてしまった!!
だが突然のことにびっくりしている暇はなかった。

びとんっ、びとんっ、と足の付け根に何か、熱くて硬いものがあたる。
そしてそれが何であるのか理解する
ビクンビクンと脈を打ちパンパンに勃起したペニス。
指とは違いかなり大きいペニスの先端を、膣の表面を滑るようにニュルニュルと
擦り付ける。
亀頭が入り口を探すように膣口をなぞる。
そしてペニスの先端が何かに、おそらく和美のひだに引っかかった。
痴漢は細かく位置を調整しようと、ペニスを手で調整する。
尿道にあてがわれてビクリとしたが、直後に、焦らすように、膣内にペニスを
挿入しようとしている。
ぐちゅり
先端をがゆっくりと入ろうとする。
(ひ…ぁ…ゃ…だめ…無理…)
強い痛みが和美を襲う。
和美は逃げるように足を閉じようとするが、他の痴漢に足を開けられ逃げれない。
膣の中は濡れているのだが、めりめりと、大きく開いたことのない膣に異物が
差し込まれていく。
ペニスの先端の、カリが膣の中に隠れた。
(んっ……くっ、んはっ!)
張りきったカリが膨らむようにして押し分けて奥へ奥へと進む。
(んぁぁ…はぁぁぁ…)
陰茎の硬さが全体を浸透し、無意識に締めつけてしまい。足の指にキュっと力が入る。
(…っっは、あ!…んっ…)
そして一気に奥まで入ってきた。
「かはっ…ひ…あ……ぃ…」
根元まで挿入される圧迫感に声を上げる。言葉にならない声が口から漏れた。
痴漢の陰毛と和美の陰毛が絡むように奥まで入れたきり動かない。
和美の呼吸が少し落ち着くのを待ってゆっくり動きだす。

しばらくして痛みも落ち着いてきたころ。
処女を失った事の痛みに、気が狂ったように和美はもがいた。
が、後ろから腰ががっちりと掴まれていて、なおかつ和美の膣の締りが痴漢のペニスを
咥えこんで離さないのである。
処女ゆえの筋肉の緊張がそうさせているのだ。
笑えない皮肉である。
電車の横揺れを利用し、男が荒々しく和美の膣を突き上げ始めた。
再び、男たちの手が和美の大きな乳房やピンク色の陰部に伸びていく。
扉のガラスに手をついた和美は、後ろから数人の男に抱え上げられて犯されていた。
一人がリズミカルにペニスで処女を犯し、残りの男たちは乳房を、お尻を、太股を、
秘部を手と指で汚していく。
ぷるん、ぷるんと大きな胸が突かれる度に弾み、お尻の肉がパン、パンと音を立てる。
愛液にまみれたクリトリスが太い指にかき回され、グチュグチュと湿った音も混ざる。
(いや……こんな……こんなの。誰か、誰か助けてよぉ……)
いつも通学に使ってる電車で痴漢された挙句、レイプされるなんて。
大きな瞳が零れ落ちるほどに見開かれた眼から、ぼろぼろと涙がこぼれた。
が、成熟した女の手前にまで達していた彼女の肉体は、精神の拒絶と相反して快感に
反応していた。
下着を剥ぎとられ、両手を押さえられ。
後ろからはペニスが挿入されたまま痴漢の腰使いに激しさが加わる。
浅い箇所を何度か往復し、胎内の深いところまで一気に沈む。
ずんずん突いて、ぐりぐり廻した。
挿入の強さや角度によって表情を変え、色合いの違う刺激を与えてくる。
乳首は弾いたり、根元からきゅっと引っ張られたり、思い切りつまんではくりくりと
ねじられ弄ばれる。
クリトリスは汚らわしい男の指に刺激されるたびに、凄まじい快感が背中を駆け上がり
愛液が身体の奥から溢れ出す。
愛液を塗られたクリトリスは根元から先端までまんべんなく、指を使って隙間なく
撫でては弾く。
そして先端を素早くこすりあげた瞬間。
「っ!ああんっ!」
集団痴漢を和美にはたらいた男のうちの一人は自身の分身たる白い粘液を和美の体内に
たっぷりと放ち、彼女の意識は闇の中へと突き落とされていった。

終点の駅で、ドアが開く。
そこにもたれるようにして立っていた和美は、どさりとホームの倒れこんだ。
「おい、誰か!女の子が倒れたぞ!!」
電車に乗ろうとしていたらしいサラリーマンの怒号が響くと、慌てて駅員が
駆け寄ってくる。
見ると、顔を真っ赤にした高校生らしい女の子が、ぐったりとうつ伏せになっていた。
完全に意識がないらしく、びっしょりと汗をかいた顔に茶色の髪がべったりと
貼りついていた。
「もしもし、大丈夫ですか?!」
全く反応がない和美に、駅員がおろおろしながら声をかけた。
「あー、どうもどうも。すいません」
「この子貧血気味で、すぐ倒れちゃうんですよ」と、後ろから降りてきた男二人が
彼女を助け起こす。
「すいません、お騒がせして。これから俺ら、宿泊先のホテル行くところですから。
そこで休ませますんでお構いなく」
後から更に、5人の男たちが降りてきて周りにざっと頭を下げる。
中年、若者、初老とまちまちの年齢の男たちで、旅行者にしては奇妙な集団だった。
が、忙しい朝の時間帯に誰もそんなことは気に留めもしない。
ああ、そうですかと駅員が頭を下げると、全員が会釈をして人込みの中に消えて行った。
そして更なる快楽が和美を襲うことになる。
それはまた次の機会に。

※今すぐ抜ける超高画質エロ動画なら・・・
極エロ動画はこちら
無修正で見るならこちら

アダルトの老舗サイトが3つ同時にリニューアルしました!

サンプル

https://jyukujyodouga.info/h4610https://jyukujyodouga.info/h0930https://jyukujyodouga.info/c0930 ご要望が多かったストリーミングも全作品対応となり、ダウンロード制限も気にせず、観たいときにすぐ視聴できるようになりました。 また、3つのサイトのうちどれか1サイトに入会すると、2サイト目購入時に入会割引を受けられる特典が付いています。
エッチな4610ってどんなサイト?
エッチな0930ってどんなサイト?
人妻斬りってどんなサイト?

D2Pass新作アダルト見放題プラン

D2Passに加盟している月額動画12サイトの新作が、配信された日から7日間ストリーミングにて
閲覧できるサービスです。
詳細はこちら

【カリビアンコムプレミアム】人気エロアニメ大放出!


カリビアンコムプレミアムでエロアニメ大放出!Hentai Anime Festival~萌え萌えアニメ祭り~ 2次元アイドル大集合!一挙に20作品を配信します!
作品はこちら

アダルトライブチャットDXLIVEからのお知らせ

おすすめ出会い系サイト

出会いはPCMAXから

会員数は500万人と桁違いの会員数なので、これで会えないなんて事はあまりにも
確率が低すぎます。着実に会員のハートを掴んでいるカリスマ的なサイトでサイトの使い勝手も
良くサクラを使う出会えない系詐欺サイトとは違って優良な出会い系サイトです。
PCMAXの評価、評判、口コミ、体験、レビュー

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

24時間内の人気記事(閲覧数)